Yuki #295

妻と大切な話をするというとき、たいてい2人でお酒を飲む。日本にいたときは、いつもの焼き鳥屋さんでハツとビールをやりながら。

そして、アイルランドではアイリッシュコーヒーで体を温めながら、というのが定番化しそうな予感である。

今日は話をしているなかで2人の共通点の話になったが、僕たちの間では「好きなこと」の共通点はそれほど多くない。音楽の趣味は違うし、読書のときに手に取る本も全く違う。

一方で、「嫌いなこと」の共通点は多い。人混みのなかを歩くこと、スポーツを観戦することなど、嫌いの趣味嗜好は驚くほど似ている。ということに今更ながら会話のなかで気づいた次第。

たしかに、「好きなこと」に関してはお互い各々で楽しめば良いわけだが、「嫌いなこと」に関しては2人の価値観が一致していないと、どちらかが何かしらの我慢をすることになる。これはたしかに精神衛生上、良くなさそうである。