関係を記述する方法としてのベーシック・イングリッシュ 3

目次

https://medium.com/@0h0n0/e3e429688456 (最初のページ)

はじめに『この文章について、フローチャートの重要性について』

第一章『関係を記述する方法としての「基準」とその基準からの「指定」』

第二章『集合論』

第三章『フローチャート』

https://medium.com/@0h0n0/520dcc8c4cd7 (前のページ)

第四章『集合論+フローチャート』

https://medium.com/@0h0n0/408a2d035205(このページ)

第五章『情報』

第六章『目的』

第七章『アクター』

第八章『アクターの行為』

第九章『社会』

おわりに『この研究の不完全さについて、エクセルの使い方について』

付録『本文に掲載されていない単語一覧』

第五章『情報』

※この現実世界にとってはゲームは情報だし、そのゲームの中にもゲーム内情報があったりする。

情報とは、何かを基準にした時の、他の集合論やフローチャートを意味しているのではないか。

ゲームにとってのこの現実世界は情報では無い気もするが、それはこの世界がゲームの必要条件になっているからだろう、つまり集合論的に内包している。

この世界を基準にすれば思考は情報だし、自分を基準にすればこの世界は情報だ。

(ゲームの例で示したように、現実には有限性、つまりコピーの制限は必ずしも必要では無い。例えば時間を基準にしたとして、その時間に載ってくれれば良い。)

※情報をそう定義した時の基準。ornament(装飾)にも実質を基準に実質では無いものというような意味が入り込んでいるのではないか、ornamentは情報で無く存在だけども。

substance

ornament

※factは現実についての情報を意味している。fictionは物語なので対義語では無い。

fact

※aboutは現実の何かの要素としてある情報。exampleは情報の要素としてある現実の何か。

about

example

※markは(→情報)という感じなのではないか。recordを付ける、あるいは「mark him」など。signは(情報→)という感じで、情報が何かを指し示している。

※本当にwritingはmarking textなんだろうか?違う気がする。あの方向が変化の方向ならrecordを付けるということになるだろうし、位置の方向なら情報として追うということになる気がするが。分からない。

mark

sign

「疑問」

※何かを基準に他の集合論やフローチャートを扱わなければ、疑問ということはあり得ないのではないか。必ずしもアクターである必要は無い。

who

how

why

where

when

※questionは明らかにしようとする方向や流れや動き。

question

answer

※「トムは林檎屋?」など集合論に対してはyesやno。equalは完全一致で、sameは同じ集合に入っている。rightは方向で、trueは条件ではないか。evenはorderにおける同じではないか。

yes

no

equal

same

different

right

wrong

true

false

even

good

bad

※何となく同じ

like

※基準のある問いと、その基準。

comparison

measure

※asはequalやsameで無く、「matchしている」という感じかもしれない。

as

than

「情報の小分類」

argument

design

fiction

flag

history

idea

knowledge

language

law

map

name

news

number

prose

science

story

theory

word

第六章『目的』

※行為としてルールでなく方向を変えたりする時に、何か一つの地点に向かったりできる。その向かう地点が目的だ。

※ある地点から別の地点を指定する時に、方向と距離の二つで指定することができる。desire(欲求)は言うならば目的版のその距離のようなもので、何かに向かう時にどの程度の強さで向かうかだ。

needは条件としてのdesire。readyは必要条件は満たしていても準備はできていないということがあるので、その時に使う。

wellは目的にmatchする流れを意味している。

purpose

desire

well

need

ready

necessary

enough

※依存元も依存先もアクターに限らない。目的へのフローの中での必要条件(necessary)と、それ自体が必要なのは違う。

dependent

※指定対象が法則(rule)としてどれだけ目的にmatchするかがvalue。法則として目的にmatchするのがprofitではないか。

value

profit

※目的があったとして、どれだけ目指すかがserious(真面目さ)。これはどれだけ目的とするかのdesireとは違う。ちなみにアクターじゃなくてもseriousはある。

serious

「言い換え可能単語」

interest

「豊かさ」

※目的を基準とした上での条件の程度の指定。

fertile

poor

※ただ失うのがloss、これには対義語があっても良いかもしれない。使って失うのがdigestion(消費)、消費してしかも無駄になるのがwaste。

loss

digestion

waste

※動いて失うのがdigestionだとしたら、動かないことで得るのがrest。tiredは感情という区分になるはずで、本当はいらない。

rest

(tired)

※必要条件が失われるのがdamage。プログラムにもdamageはある。delicateがあるならtoughがあっても良いかもしれない。damageの許容範囲が多いか少ないか。

damage

delicate

insurance

「精度」

※目的にmatchする程度

quality

(smooth),(rough),(polish)など

noise

「不確実性」

※前提を基準にした上での複数の方向の程度の指定。

※確率的な不確実性が高い・低い。clearは不確実性が減るという意味だと思ってここに置いたが、違う気もする。

doubt

certain

clear

※hopeには対義語があっても良いかもしれない

possible

hope

danger

safe

※複数の方向が無ければerrorも無い

error

trouble

※複数の内の一つを指定

if

「言い換え可能単語」

able

「補助」

※基準が他へ動く

help

care

comfort

guide

lead

support

※他が基準へ動く

please

「競合」

※どちらかが目的に達すると他は達せないということがある。その上で相手を攻撃するのがfight。

competition

fight

war

peace

第七章『アクター』

person

※selfは基準にとって目的だとかがある中での基準自体の指定を意味する。

self

purpose

※Iはselfと違い、発話者に限定される。

I

you

he

「精神」

※議論が分かれる所だろうが、mindは認識だとか精神活動全般を表すようなニュアンスを持った単語らしいので、分析の対象外とはしなかった。

mind

sense

memory

experience

※原理的に分からない状況での予想などについての単語群

belief

※ただ分からないフローでは無いのでおそらく情報では無いだろうし、確率的に分からないわけでも無い。trickはルール、suddenはrhythmに対応しているのではないか。

trick

sudden

「アクターのパーツ小分類」

※bodyはchief

arm

body

brain

ear

eye

foot

hand

head

第八章『アクターの行為』

※本当はこれこそただの行為だと思うのだが、アクターで無い行為を表す言葉が無い。

automatic

※以下「アクター 何→何」で、「どのアクターが、何を、何へ」。

produce 基準 指定→

present 基準 →指定

※妨害しないとかの具体的な行動では無くて、意思の関係の記述なのだろう。追認。

let

do 基準 基準→

go 基準 基準→

come 指定 指定→基準

※おそらく基準と指定を入れ替えることで全通りを網羅できるようになっている。

get その他 指定→基準

give 基準 その他→指定

send 基準 指定→その他

※内外への動き

take

have

put

※情報の内外

see

seem

say

※存在について

make

be

keep

※不確実性と未来を意味する

may

will

第九章『社会』

society

※確実性が高いという合意。役割や政治など、全般に当てはまる。

credit

「役割」

※目的の達成を基準にした組織化

work

expert

※役割としてのchiefは役割の中でのメイン

chief

manager

porter

representative

secretary

※industryはorderに近い気がする

industry

「政治」

※政治は自分たちへの決定権への合意

government

※個人をauthorityにmatchさせていくのがrespect。個人の利害を社会の利害にmatchさせていくのがresponsible。

respect

responsible

authority

committee

debt

reward

crime

punishment

※lawはruleへの合意

law

judge

※構成員の豊かさを組織に移動させる。門を通ったらだとか、一年に一回だとか、条件が設けられていることが多い。

tax

※companyとarmyはどこなんだろうか。社会というより集合的アクターという感じだけども。

company

army

「経済」

※経済はthingへの決定権への合意。交換は、合意の元での決定権のお互いへの移動。

owner

property

trade

market

servant

※それぞれにとっての交換の最適化で相場が定まる。相場が定まれば何でも貨幣になる。

money

price

payment

※協力についての情報。もしかしたら役割かもしれない。

advertisement 「自分の行為→他者の目的」で自分の行為が先にある

offer 「他者の行為→自分の目的」で他者の行為が先にある

request 「他者の行為→自分の目的」で自分の目的が先にある。

「情報」

education

teaching

learning

※meetingはただ会って情報を交換するだけ。discussionは相互作用がある。

meeting

discussion

statement

agreement

opinion

approval

おわりに『この研究の不完全さについて、エクセルの使い方について』

この研究は、論理的にはじき出されたものというより、実際に使われていたベーシックイングリッシュで似たような単語を寄せ集めて、目次のように区分して、その区分の意味を考察しただけのものだ。

だから研究をしている最中は、新しい単語が加わるたびにグニャグニャと理論や全体像が姿を変えていったし、また新しい単語が加わったら、また姿を変えていくような気がしている。

そういう研究を書き表すべきかは分からないが、基準と指定など有用な概念はあるし、一年と七ヶ月ほど続けて疲れたし、ちょうど区切りも付いたので、死蔵させずに書き表すことにした。

自然言語処理において、自然言語における関係の指定方法を考える時に、細部は間違っていてもそこそこ有用な概念は残せたと思うし、少なくともたたき台として機能するだろうし使われていく内に、その実用の中で完全なものになってくれるだろうと考えている。


もしまた自分がベーシックイングリッシュの研究をすることになったら、最初からエクセル(googleスプレッドシート)を使うだろうし、もし他の人がやるならその人にも勧める。

850語の処理は大変だし、自然言語は複数の分類にまたがった単語が多すぎる。

まずどこかから単語リストをコピペしてきて、多少整えた後にスクリプトで、1列目に再び整列するための単語番号、2列目に単語をコピーして、固定機能で左に2列を固定する。

一番上の行は開けておいて、固定して、新しい分類の単語が出てくるたびにその単語をコピペして、似たような単語が溜まってきた所でその列の名前を考えて書き換える。

範囲選択してチェックボックスを挿入して、その列に当てはまると感じるたびにチェックしていく。

850語が終わったら、その列の分類で整列して、そのままコピーして別のシートに貼り付けて、また分類する。

そういう風に分類すれば、また違った概念が出てくるんじゃないかという気がしてならない。

付録『本文に掲載されていない単語一覧』

acid

air

angle

angry

animal

ant

apple

arch

awake

baby

bag

ball

band

basin

basket

bath

beautiful

bed

bee

bell

berry

bird

bite

bitter

black

blade

blood

blue

boat

boiling

bone

book

boot

bottle

box

boy

brass

bread

brick

bridge

bright

brother

brown

brush

bucket

bulb

burn

butter

cake

camera

card

cat

chalk

cheap

cheese

chemical

chest

chin

church

circle

clean

cloth

cloud

coal

coat

cold

collar

color

comb

cook

copper

cork

cotton

cough

country

cow

cruel

cry

cup

curtain

dark

daughter

day

dear

dirty

disease

disgust

dog

drawer

dress

drink

drop

dry

dust

ear

earth

east

edge

egg

elastic

electric

face

fall

family

fat

father

fear

feather

female

finger

fire

fish

flame

flat

flight

floor

flower

fly

food

fowl

friend

fruit

garden

girl

glass

glove

goat

gold

grain

grass

green

grey

gun

hair

hammer

hanging

happy

hard

hat

hate

healthy

heart

heat

hook

horn

horse

hour

house

humor

ice

ill

ink

insect

iron

island

jelly

jewel

journey

jump

kettle

kick

kiss

knee

knife

knot

land

laugh

leaf

leather

left

leg

light

linen

lip

love

male

man

married

material

meal

meat

metal

milk

minute

mist

monkey

month

moon

morning

mother

mountain

mouth

muscle

music

nail

nation

neck

needle

nerve

night

north

nose

nut

oil

orange

oven

page

pain

paint

paper

parcel

pen

pencil

physical

picture

pig

pin

plane

plate

pleasure

plough

pocket

poison

pot

potato

powder

pump

rain

rat

ray

receipt

red

regret

religion

rice

ring

river

rod

roll

roof

rub

run

sad

sail

salt

sand

scissors

screw

sea

sex

shade

shame

sharp

sheep

shelf

ship

shirt

shoe

silk

silver

sister

skin

skirt

sky

sleep

slope

smell

smile

smoke

snake

sneeze

snow

soap

sock

soft

solid

son

song

sound

soup

south

spade

sponge

spoon

square

star

steam

steel

stick

sticky

stiff

stitch

stocking

stomach

stone

street

sugar

summer

sun

surprise

sweet

swim

table

tail

taste

throat

thumb

thunder

tin

toe

tomorrow

tongue

tooth

town

tray

trousers

twist

umbrella

verse

violent

walk

wall

warm

wash

watch

water

wave

wax

weather

week

west

wet

wheel

whip

whistle

white

wind

window

wine

wing

winter

woman

wood

wool

worm

wound

year

yellow

yesterday

young