2018年 やらないこと

トレードオフから目を背けない方が目標を達成できる確率が上がると考えているので、NOT TO DOリストを作った。内容は昨年から継続するものが多い。

行きたくない飲み会への参加

ネガティブな人や老害的な人との飲み会や食事は断る。尊敬できる人や仲の良い人との時間を過ごしたい。飲み会は時間を要するうえに、アルコールの摂取や帰宅の遅れなどが原因で、睡眠の質が低下したり、生活のリズムが崩れたりするデメリットがある。デメリットが気になった時点で断る。

プライベートな時間でのチャットやメールの返信

平日の5:00~7:00, 22:00~、休日はチャットやメールで即座には返信しない。自分から送信したり、気分で返信したりする可能性はあるが、義務感で返信することはない。

※ 緊急の場合はおそらく電話がかかってくる

話題を合わせるための趣味

自分の関心のあることしかしない。具体的にはソーシャルゲームをしたり、テレビを見たりしない。

暗号通貨の売買

当初、自分が望んでいた分の利益は既に出た。また実際に売買することで暗号通貨の理解が少し深まったので、全部売却した。暗号通貨を保持していると、意識していなくても脳のリソースのごく一部が専有されている感覚があった。暗号通貨の売買をやめて、解放されたリソースを有効に使う。

※ 暗号通貨がダメという話ではない

NOT TO DOリストの削除

NOT TO DOリストを増やすことはあっても、減らすことはない。


最後に

生活のリズムが崩れると、かなりストレスを感じ、目標達成から遠ざかることがここ2,3年でわかった。起床や就寝、食事、個人のプロジェクト、読書などの時間を固定したいので、上のNOT TO DOリストに具体的に書いていないことでも、生活のリズムを崩すことは基本的にしない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.