クリエイターの祭典『ネムフェス』で初めてNEM決済してみたら、すごく便利だった話

はじめに

こんにちは、スマートコントラクト開発部メディア担当のてらしいです!

今回は先日5/19(土)、DMM本社で開催された「NEM CREATORS FESTIVAL(ネムフェス)」の模様をお届けします。

NEM CREATORS FESTIVAL(ネムフェス)について
“ #nemを使って何か作りたい”を合言葉にNEMの面白さや楽しさを啓蒙することを目的とした団体「NEMDev.tokyo」が、NEM初心者の方でも「触って・使って・楽しむ」ことを目的としたNEMのお祭りです。”

起業家、個人事業主、エンジニア、デザイナー、ディレクター、学生など多種多彩な方が参加した本イベント。

弊社スマートコントラクト事業部のオープニングトークから始まり、NEMの基礎知識、技術に関するお話、ブロックチェーンやNEM関連のプロダクトの発表がありました。

その他にもNEMを使って買い物ができる展示物ブースや飲料スペースもあり、NEMを軸に学びや体験ができるクリエイティブに富んだ祭典でした。

当日、筆者が “初のNEM決済 を体験してきましたので、その模様もお届けします。

スマートコントラクト事業部からオープニングトーク

スマートコントラクト事業部の取り組みやビジョンについて同事業部の塩谷から話がありました。

トークのテーマは、スマートコントラクト事業部が考える「トークンエコノミー」。

会場ではスライドを写真におさめる聴講者の姿が散見され、たくさんの方に興味を持っていただけたようです。

※当日の登壇資料は後日こちらの記事で公開させて頂きます。

熱気ムンムン! のネムフェス会場

200名以上のゲストが来場され、ゲストも運営も出展者も一体となった活気溢れるアツい雰囲気でした!

物販の展示ゾーンには、NEMのロゴを使ったユニークな商品がズラリ。

フェス限定商品もあり、出展者の熱い想いがプロダクトから伝わってきます……!

NEMプロダクトを中心としたクリエイター展示ゾーン。

NEMを使ったゲームやNEMウォレットなど、幅広いサービスが紹介されていました。

飲料ゾーンでは、NEM界隈で有名な「nem bar」が出張でドリンクを提供。

この日は暑かったこともあり、ゲストからの人気も高かったようです!

フェス限定のトークンを受け取る

今回のイベントで個人的に興味があったのは、フェス専用のコイン(フェスコイン)を使ってドリンクやグッズとの交換、投票をすること。

NEMの特徴の一つに「モザイク」という独自トークンの発行機能がありますが、その仕組みを利用してフェスコインを開発したとのこと。

それに加えて、今回のフェスコイン専用に独自のウォレットも開発されたようです。

このオリジナルウォレットが非常に使いやすく、スムーズに決済することができました。

来場しているゲストの方も楽しそうにコインを使っているのが印象的でした。

“特定のイベントでしか使えないトークン”は今後さまざまなイベントで主流になっていくかもしれませんね。

クリプトボーイがNEM決済を初体験してみた

以前、ビットコイン決済でカレーを食べてきた記事でも仮想通貨決済の体験レポートをお届けしましたが、今回はNEM決済に初挑戦しました!

ブース出展されていた「NEM猫 プロジェクト」さんご協力のもと、缶バッジをNEMで購入してみました。

NEM決済ってそもそもどうやってやるの? という方のために、手順を追って説明します。

まずは、NEMが使えるウォレットを用意します。

今回は、NEMの公式サイトにもあるモバイルウォレット「NEM Nano Wallet」を使いました。

NEM決済の前に事前準備として、次の準備が必要です。

・モバイルウォレットをダウンロードする

・モバイルウォレットにNEMを送金し、残高を確認する

これが完了していれば、問題なく使えます。

では、早速ですがNEM決済にチャレンジしてみます!

とはいえ、気負うほど難しいことはありません(笑)

QRのスキャン画面まで開けば、問題なく決済できます。

読み取り画面を開き、対象のQRコードを読み取ります。

QRの読み取りが完了したら、指定のアドレスに送金します。

送信ボタンを押せば、これで終わりです。 早い!

承認時間が約10秒ほどで完了! ビットコイン決済と比較すると、決済のスムーズさは圧倒的ですね!

イベントを終えて

今回はスタッフとして携わりましたが、ゲスト目線でも魅力的なコンテンツばかりで、過去参加してきた仮想通貨関連のイベントの中で群を抜いて楽しかったです!

ゲスト200名以上の動員、未来感溢れるプロダクトの集結、”NEM”という共通テーマを軸にした豊富なクリエイティビティ。過去に類を見ない革新的なイベントでした!

投機目的で仮想通貨を所有している方が多い中、

「仮想通貨を使って何か面白いことができるんじゃないか?」

そんなポリシーを持った方々が集まってできたのがネムフェスです。

とにかく何か面白いものを作りたい! という動機から、さまざまなジャンルから意欲ある人材が集結し、魅力的なサービスが次々に誕生しています。

仮想通貨をサービスやプロダクトに応用することで、ブロックチェーンが持つ本来の力を引き出され、世の中がもっと便利になる。

ネムフェスを通してそんな未来を感じずにはいられませんでした。

最後になりますが、本ベントの主催者であるNEMdev.tokyoの皆様には多くのことを学ばさせていただきました。ありがとうございました!

DMMスマートコントラクトラクト事業部でも、世の中に新しい価値を提供できるようなプロダクトをリリースしていきます!

また、他社・他団体・大学をはじめとする教育機関の皆様とコラボした技術セミナーや、他分野とのビジネスの可能性を探るアイディアソンを実施しています。

ご興味のある方は、ぜひこちらからお問い合わせください!