スーパーで早くレジを終わらせる方法を真面目に考えてみた。

想像してください。

あなたは今、必要なものを買うためにスーパーマーケットに駆け込みました。

あなたがここで費やせる時間は10分。

早く!帰らなくちゃ!始まっちゃう!(仮に、あなたの好きなテレビ番組としましょう)

急いでるのに、レジの列はどこもいっぱい。

今からちょっとでも!5秒でも!最速で購入を終わらせる方法を紹介します。

★Get behind a shopper who has a full cart★

カゴに商品がいっぱい入ってるお客さんって、時間がかかりそうで後ろに並びたくないです。

しかし、そんな人の後ろに並ぶことこそ穴場かも?!

★データが出ています。
100のアイテムを持つ1人の客
→会計に平均6分かかります。
20のアイテムを持っている4人の客
→4人の会計が終わるまで平均で約7分
★Go left for faster service★

ほとんどの人が右利きですが、右利きは右に流れていく傾向があります。

少数派!左のほうのレジに並ぼう!

★Study the customers ahead &what they are buying★

先に並んでいる彼らが購入しているものをチラッと見ちゃいましょう

客の人数だけではなく、彼らの年齢や購入しているものがレジ列の速さにちがいが出ます。

彼らが購入しているさまざまな商品の数についても考慮しましょう。

同じソーダの6本のボトル購入者は、6つの全く異なる商品を買っている人より速くレジを終えます。

★A lot of the waiting game is mental★

一番大事なのは、気持ちの持ちようです。

ゆっくり動く短い列 or 速く動く長い列

待ち時間が同じであっても短い列を選ぶことが多いでしょう。

ここで、速く動く列の方を選んでみませんか。

行列に対する感覚は、行列が解消された、その「最後の瞬間」で決まることがよくあります。

行列が最後にサクサクと進んだときは、並んだこともいい記憶として残ります。

それに、行列がのんびりしていると、レジの脇にあるガムとか飴とかについ手が伸びてしまいませんか。あれは、客が退屈を感じる場所(レジ列)に敢えて置くことで、購買を誘導しているそう…!

限りある楽しい時間を、無駄使いされるのが嫌なのはみんなの思いです。

イライラするのは仕方ないでしょう。

行列をなくすことはできませんが、待っている間の精神状態を少しでも把握しておけば、日々の生活の中で起こるどうにもならない「ノロノロ」にも、少しは耐えられるようになるでしょう。

http://www.nytimes.com/2016/09/08/business/how-to-pick-the-fastest-line-at-the-supermarket.html?rref=collection%2Fspotlightcollection%2Ftimes-tips&action=click&contentCollection=topics&region=stream&module=stream_unit&version=latest&contentPlacement=78&pgtype=collection

Like what you read? Give こま a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.