2035年の自分

〜My 未来予想図〜

2035年の自分はお店を持っていて、

お店の雰囲気は

美味しいごはんと甘いものを出してて

お店は自分が作ったいい香りで充満してて、みんなが落ち着けて、

リアルな自分を出せるようなところで、いろんな人で溢れています。


お店では

私のお店を使ってしたいことのあるお客さんのお願いを聞いていて

たとえば

会議をしたいって言われたら、お店を好きに使ってもらうし

ぬり絵をしたいって言われたら、ぬりえの道具を準備して、好きに楽しんでください!ってするし、パーティーしたいって言われたら

お店を貸し切りにして

お料理もお客さんと相談して、準備して、楽しんでもらうし

お客さんが

ティーンエイジャーで、したいことがあるけど、場所とかそれを借りるお金とかなかったりで、出来なくて困ってる人がいたら、無償で全力でそのお手伝いとかもしてます。

もちろん普通にカフェとしてもお客さんに来てもらうことができて

出してる料理は全部こだわりで身体によくて、

材料とかは駆け出しの若い農家さんだったり、農業を支えれるように仕入れていて。

カフェの1つのコンセプトは「連鎖」で、カフェを利用してもらう時のルールは

  1. 他のお客さんに話しかけてもいいです。むしろ話しかけてみて下さい
  2. もし、他のお客さんに声をかけられたら、楽しくおしゃべりして下さい
  3. 札を立てているお客さんには、喋りかけないで下さい

いろんな連鎖がお店の中で起こったら面白いなっていう思いで

このルールを作りました

もちろん1人で落ち着きたくてきているお客さんもいるから、その時は

3番のルールが登場で

落ち着きたいですって分かる札をお客さんに渡してて、その札を机に置いてる人には喋りかけれないようになってます。

もし、途中で話がしたくなったらその札を倒して、おしゃべりしてもらえるようになってます

ここまでの話で分かるように

このお店は「なんでもあり!!」

これが1番のコンセプトです

なんでもあり!の中で、何かしたいことがあるいろんな人のお手伝いをしています

お客さんのしたいことを叶えることと、自分のやりたいことも

もちろんお店でやってます笑

私はお店でいろんな人の、いろんなモノを組み合わせて別世界を作っている感じで

お店はその時々でいろんな顔に変わっていて、面白いです!

2035年では

働く人が働くスタイルを選択できて、みんな自分のしたいこととか得意なことがあって

すごく自由になってて、それに自分も便乗しつつ、

そうやって生きたい、生きている人をお手伝いしてます!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.