僕はインターネットが大好きだ。

そこは最高に自由で、人々が感情をぶつけている。

その中には歌う人がいれば踊る人がいる。

すべての人が自分らしさを表現できる。

それに価値を見出す人がいれば、そうでない人がいる。

社会のあり方を論ずる人がいれば、それを批判する人がいる。

時には戦いも起きる。

知力の戦い。

NerdやGeekたちの戦いである。

彼らはインターネットを愛する。

彼らは真の自由を求め権力と戦う。

彼らは真の自由を求め軋轢と戦う。

彼らは極端に支配を嫌い、極端に独占を嫌う。

彼らは英雄としてそこに名を刻まれる。

ジュリアン・アサンジ、アーロン・シュワルツ、エドワード・スノーデン。

彼らは自分の身を危険にさらしても自由で公平なインターネットを守ってきた。

インターネットは常にアップデートしている。

より便利に、より公平に、より自由に。

それらはほんの一握りのインターネットの熱狂的なファンによって。

ニコラス・ネグロポンテ、ジミー・ウェールズ、マーク・ザッカーバーグ。

彼らは誰も信じなかったインターネットの可能性を信じ、インターネットをインターネット以上のものにしてきた。

僕はインターネットを信じている。

僕はインターネットに人生を捧げたい。

僕はインターネットを守りたい。

僕はインターネットをアップデートしたい。

そして人類をアップデートしたい。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 5otoyam’s story.