会社を退職しませんでした。

※ 2016年の3月頃にチラシの裏に書いてた内容をこのタイミングでmediumに書いてみました。

よくある会社を退職しました記事ではなく、逆に辞めようとしたけど辞めなかった話でも書いてみようかと。

会社を辞めようと思った理由

社内での仕事へのモチベーションが著しく下がっていました。新卒入社してから6年くらい働いて、楽しい時期と辛い時期と、つまらない時期という波の激しい時代を繰り返していました。

社内では新しい事業を色々やらせてもらって、Webサービスが創りたい一心で入社したはずが、時流に乗ってソーシャルゲームを創る部署に長く居ることになりました。ゲーム自体は好きだし、ヲタクなのでイラストなどのクリエイティブに囲まれたりとても良い環境のはずでした。

しかし慣れというのは恐ろしいもので、ゲームを創ってはクローズ、創ってはクローズを繰り返して行くうちにその仕事がどんどん辛くなっていきました。更にはもっと大きな視点で、複数のチームを跨ぐ様なプロジェクトを1人でやっていたり、困ったチームにスポットで実装しに行くという仕事の仕方に変わっていきました。

途中までは技術的チャレンジもあり、モチベーションもあったのですが、ただでさえWebサービスを創りたい人がゲームを創り、さらにはサービスを直接創るのではなく間接的な関わり方が増えてきていたのです。そんな状況に飽々としていて、打開できないままダラダラと1年近く時間を浪費してしまいました。

昔は毎日終電逃して歩いて帰ったり会社に泊まったり、シャワーだけ浴びに帰って始発で会社に来たり、土日も関係なく会社で仕事をしていた様な時期もありました。エンジニアだけでなく、プロデューサーまでやらせて貰っていたし、そんな自分が1年以上も仕事へのモチベーションを全然保てなくなっていたので、自分でも驚いていました。

そこで部署の異動をお願いしました。ですがモチベーションが下がった状態なので異動先を探すのが非常に難しく、異動出来ても技術のキャッチアップがほとんど無い場所で働くことになりそうでした。モチベーションを見いだせなかった自分も悪いのですが、これが転職しようと思ったキッカケです。

どんな転職活動だったか

僕はとても幸せモノで、人の縁だけで転職活動を進めていました。とくにエージェントなどに会ったりして探していたわけではないのに、4社からお話を頂いていました。その4社はとても良い会社だし、つなげてくれた4人とも今日まで生きていてたまたま知りあって良い付き合いをさせてもらっていた人たちでした。

辞めようと思っていたタイミングで、それぞれ4人がバラバラに、唐突に誘ってくれました。こんな不思議な事があるんでしょうか?辞めるなんて公開してなかったし、噂を聞きつけて連絡してきたような人は1人もいませんでした。

直接話しを聞きに行って、本気で選ばないと失礼なので真剣に悩みました。企業研究みたいなことも、大学の時の就職活動ぶりに再開したりしました。そして、4社とも将来性は凄くありました。また技術的、キャリア的なチャレンジもできるとても良い条件でのお話をいただけていました。

自分のスキルを見直す良い機会にもなりました。自分の使える武器はなんなのか、業界全体を見回して、自分はどんなスキルをどれだけ持っていて、どのように業界に貢献できる人間なのか。これを考えられたのがすごく大きいと思いました。転職活動をしないにしても、自分のスキルを業界と照らしあわせて見直すというのは今後も続けていかなければならないと痛感しました。

どうして辞めなかったのか

単純なのですが、人事から聞かれて答えていた僕の「やりたいこと」を社内でやらせてくれることになったのです。

ものすごく良いお話でした。久しぶりに自分のモチベーションが上がる面白いサービスを創れる事になりました。これは試されているなというのと、久しぶりにもらえたチャンスだし、今はこのサービスを「アレ、俺。」って言えるように自分の最高のポートフォリオにしたいという気持ちでいっぱいになりました。これは会社や今のチームに自分の出来ることを精いっぱい注ぎこむことで恩返ししないとな、となったわけです。

最後に4社と今のチームとを比較し、本当に転職しなくていいのか、真剣に悩みました。悩みに悩んだ挙句、辞めませんでした。

正直条件だけで言えば転職したほうが良くなるとは思っていました。ですが、今の仕事だけはちゃんと成功させたいと思ったのです。4社それぞれで手に入るキャリアやスキルについても今より良くなるところはとても多いと思っています。でも、辞めませんでした。

今では予定の無いときは終電まで実装し、休みの日もPCを開いて仕事のコードを書いていたりします。昔の感覚が戻ってきた感じがします。

この先生きのこるには

色んな出来事の終点に今があります。今回はこんな形で収まりましたが、転職を試みたという出来事に関しては勉強出来ることがとても多かったです。会社の将来性、サービスの将来性を本気で考えたり、自分のスキルを今後どう伸ばしていくかの指標を考えられたり、自分の考えをリセットし俯瞰できる良いキッカケになりました。

転職がオススメというわけではありません。今回の件から得られる教訓として、自分のキャリアやスキルを見直す時間を持つのはとても良い、と言う事です。

新卒で今の会社に入社して、来月で7年目になります。転職を一度も経験したこと無い僕が、この先生きのこるにはどうしたら良いか。それは、いつまでも足元に精いっぱいではなく、たまには立ち止まって遠くを観るのも忘れないようにしていくことの大切さを知り、実践するということなのかもしれません。

現在も楽しく日々どうしたら担当サービスが上手くいくのかを考えられたり、チームメンバーにお客の顔を知る必要性を広められたり出来ました。自分のオタクな趣味や性格も含めて色々チームに還元出来てとても良い状態です。これからも、もっと超超超がんばらんば!!!