スマホを買いました。

2009年ごろに僕は今まで使っていたDOCOMOのガラケーを

イメージ

料金滞納によって強制解約の仕儀と相成ってしまい、DOCOMO側から

「おんどりゃこれ以上舐めたマネさらすんなら出るとこでたるぞゴラァ!」

という内容がやんわりと書かれた書面を頂戴し

「こりゃああかん。」

ということで何とか金を作って

イメージ

残りの代金を支払った後はすっかり携帯とは無縁の生活を送り、後に

拙著『斜めからの視点に立つ~釧路公立大学下山ゼミ生・学生団体SCANたちと分け合った日々~』(KDPほか)

に登場していた釧路公立大学の学生からも

第6回合同研究会終了後の懇親会の席にて

「え、有坂さん。携帯持っていないんですか? LINEやっていないんですか??」

と幾度となく驚かれるも、

どこ吹く風だったわけであります。

それがいやおうなしに方向転換を迫られたきっかけは、いくつかあるうちの仕事先の相手から
「有坂さんとはとにかく連絡が取れない! いい加減携帯を持ってくれ!! そうじゃないと緊急時に連絡が取れない。」
という指摘をうけ、

「そろそろ年貢の納め時か…。」
と天を仰ぎ、購入の決断を下したのでした。

最初はUQモバイル

や楽天モバイル、

LINEモバイル

などの格安携帯を検討していたのですが、支払いのところで躓き、大手キャリア。DOCOMOだったら通信環境もよろしかろうということで、若干「前科」のおかげで契約できるかどうか不安でしたが、近くの販売店へと行きました。

最初はiPhoneかソニーからリリースされている Xperia(エクスペリア)シリーズをと思っていたのですが、10万円以上かそれに近い価格を提示され、購入をあきらめかけた僕に店員が
「一世代前のでよろしければ、こちらがお安くなっておりますよ。」
と勧めてくれたのが今僕が使っている「arrows SV F-03H」のスマホでした。

イメージ

僕は薦められるままにスマホの契約を済ませ、LINEなどのアプリをインストールし、DOCOMOのスマホセミナーにも出席し、さらに「デジタルネィティブ世代」真っただ中の教え子たちから逆にスマホの操作を習い、現在に至っております。

使い始めて つくづく思ったのはスマホの持つ機能が実に多岐にわたることであり、電話、インターネットは言うに及ばず、カメラや決済までこれ一つでできるとなると、もはやスマホは自分自身の「分身」であり、なくすということはとてつもない「損失」であるということでした。

現在はツイッターにライン、フェイスブックにインスタグラムなどの「四大SNS」を使用しつつ、電話機能はほぼ使わずに現在に至っております…。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.