ストレスコントロールって難しい

今週ちょっとした事件が起きていろいろ思うところがあった。

まあ、一言で言うと新卒で入ってきた子が
ストレスでぶっ倒れてしまった訳で。

俺は“甘い”といわれつつも、

「もっと優しく接してあげるべきじゃないですか」と部長に進言

「このくらいでへこたれるようじゃダメだ」と一蹴

うーん、そうかもしれないけどサァ・・・?

そもそも、社会に出て右も左も分からない子に
見て学べ!盗め!はちょっとな…
百歩譲ってシゴトはそれでも仕方ないかもしれないけど
ストレスコントロールとかって誰か教えてあげないのかな

というわけで、今日教えて来てあげた。
俺流ストレスコントロール術
教わったからできるモンでもないから、簡単にだけどね。

みっちり教えすぎたらそれはそれでプレッシャーっしょ
まーでも、少しでも楽になってくれてるとイイーナアー

①自分のコンディションを知る

メンタル的に、どのくらい余裕があるのか。 どのくらい追い込まれてるのか
寒気するとき体温図るようなもんだね。

②自分なりのストレス発散法を知る

カラオケとかドライブとかショッピングとか
まぁ、ショッピングはお金かかりすぎてアカンけどね
ボクシングジム行くのもいいらしいね。
パンチパンチ

③頭を切り替える

要するに、引きずらないってこと。
誰でもミスなんてするんだし、
そのミスを次につなげられればいいと思うんだよね。
一回もミスしない超人なんていないんだし。

ちなみに俺は座禅をオススメする。
頭の中空っぽにする技さえ習得すれば、
どこでも気軽にガス抜きできるよ。
ま、これ本の受け売りなんだけどさ。

でもこれ、見返すと、
「自分の周囲に人間的に合わない(ダメなタイプ)が居る場合」
には通用しないっぽいかも?

そういう時は逃げればいいと思う。
学校だって職場だって山ほどある。
「逃げられない」とか「逃げ場がない」とか言ってるのは
自分だけだったりする。
逃げるのにも勇気いるからね。かっこ悪くても逃げることが正解な事もある。

逃げるべきか、否か

その判断基準はたった一つだ

「今の自分が後悔しないか。未来の自分が後悔しないか。」

明日の自分、来週の自分、1年後、3年後、5年後、10年後・・・
そんなのわかんねーよ?そのとおり。
だからこそ、「あの時点で自分は最良の判断をした」と思えればOK。

変な逃げ方しても、逃げずにつぶれるまで戦っても、
どちらにしろ心にダメージを追ってしまうわけで。

逃げるのも、ストレスコントロールの手法の一つって話。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.