softwareにおけるLint

以下ページを参照しています。

Lintとはコンピュータ言語を書く際に、バグのような問題を起こしうる処理に対して、フラグを立ててくれるツール。

多くのLint ツールは静的分析を行います。実際には、コードのチーム規約に沿っていないものを発見した時に、フラグを立てて未然にバグを防ぐ機能を持っています。

結果的にはLintを使うことで、よくある間違いや、不確定性のバグ(Heisenbug)を減らすことにつながります。

まとめ

最近のLint toolはコンパイラーの最適化、コードスピードを早めます。

また、よくあるバグ(0で割る、使用済みの変数名をまた作る)を防ぐ事で、デバッカーのような使い方をします。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.