2015年はとっても濃かった。

こんなに楽しくて辛くて濃密な時間を過ごせたことを誇りに思う。

最近26歳にもなると、結婚や婚約をする友人が爆発的に増えたけれども、子育てとサービスを育てることはいくばくか似ているところがあるのではないか、と感じる。育てたい方向性がありながらも、実際に挑戦してみると大概は上手くいかない。別の方向に進みたがるもの。子育てはもっと難しいものだろうけど、その軽度な経験を今しているのかも。

それほどに今一緒に成長しているサービスが好きなのです。

来年も好きなことして生きていきます。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Ayaka Sakakibara’s story.