バックパック旅行チェーンFAQ

1、

質問:バックパックプロジェクトは一体どんなプロジェクトですか。

答え:バックパック旅行チェーンの主体はシンガポールのBackpack Foundationです。バックパック旅行チェーンは旅行者の身分認証方式を個人デジタル身分認証の形に変革し、ブロックチェーンベース技術を核心にして、世界で始めて無障壁の国際旅行信用消費取引を実現するプラットフォームです。

バックパック旅行チェーンはブロックチェーン、分散式ストレージ、生物認識、パスワード、ビッグデータ分析及び携帯設備新興技術を活用し、「BP旅行シールド」という新型デジタル身分認証を提案する。BP旅行シールドに静態情報としてのパスポート原本の情報が保存され、さらに動態情報としての旅行軌跡も保存される。そして、バックパック旅行チェーンはオーペンソース連合を開発したので、ユーザーは様々な旅行サービスをアクセスできる。簡単に言うと、BTAはブロックチェーンを通して、国際旅行資源を統合し、これから伝統的なOTAに取り変わっていく。

2、

質問:プロジェクトバックパック旅行チェーンはブロックチェーンを利用して、業界のどんな問題を解決できますか。そして、どんな価値をもたらしますか。

答え:BTAはB端資源側やC端ユーザー側の痛みを解決できる。

B端に対して、

最新のBTAバックパック旅行チェーン販売システムを通して、少中心化や無仲介の新型の航空旅行グローバル販売システムを作り、B端資源提供側から販売手数料を取らない、そして、資源提供側を認証ノードにする。

今までB端が商品販売手数料を払うことは要らなくなり、BTAはB端資源側がかつてもらっていない商品定価権をB端側に与える。

C端側に対して、

旅行者身分認証の方式をデジタル身分認証(旅行シールド)という形に変革し、旅行者デジタル認証体系は旅行者のプライバシーを守り、旅行シールドに旅行者の静態身分情報や動態旅行情報が保存され、保存された静態情報や動態情報は旅行者の信用資産になる。

旅行者は信用資産を持って、信用与信、信用消費、信用支払いに使える。

また、消費奨励メカニズムがあるので、C端ユーザーはPOS消費マイニング奨励をもらえる。BTAプラットフォームを利用して、ユーザーはパフォーマンスのよい旅行商品を購入できるだけではなく、消費奨励ももらえる。C端の個人情報はプラットフォームに有するではなく、C端ユーザー自分のデジタル資産になる。

バックパック旅行チェーンはブロックチェーンベース技術を核心にした、グローバル旅行市場のB端側やC端側にサービスを提供する、世界で始めてフールリンク航空旅行取引信用消費を実現するデジタルプラットフォームである。

3、

質問:プロジェクトバックパック旅行チェーンはどんなメリットを持っていますか。

答え:メリットは次のようになります。

(1) 契約アドレスはオープンソースなので、トークンのシェアや市場キャラクターが調べられる。

(2) 公平、透明、責任感あり、チームと基金会のシェアは3年間閉鎖される。

(3) 技術開発は既に17ヶ月間立って、プロジェクトのチーム作りは完備している。

(4) ブロックチェーンベース技術の開発は35%完成し、APP開発も30%完成した。

(5) APPは2018年の第四半期に出す。

(6) プロジェクトの支援となる豊かな伝統旅行資源を持っているので、プロジェクトの実施を事前に考慮できる。

(7) 次の主導投資機構が出来た。シンガポールQuantum Fund、UN BlockChain Union Foundation 、優勢資本、SLCAPITAL、EverBright ZTE fund、万物資本、光大グローバル資本、智选隆赢hedge fund。

4、

質問:プロジェクト白書に書かれているBTA旅行連合チェーンは連合チェーンですか、それともパブリックチェーンですか。

答え:BTAは連合チェーンですが、多くの人々が連合チェーンに対する期待を超えている。一般的に、連合チェーンは「部分的に無中心化、公衆はアクセスや取引が出来るが、許可を得ずに、取引の検証が出来ない、知能契約も発表できない」と定義されている。バックパック旅行チェーンのBTA旅行連合チェーンは取引検証機能を搭載し、データ積載能力もある。パブリックノードは取引を検証出来るかどうか、或いはブロックのパッケージができるかどうか、この二つのポイントはパブリックチェーンと連合チェーンの技術上の区別です。でも、一部のプロジェクトはユーザーがアクセスできるだけで、自分がパブリックチェーンと言います。

5、

質問:バックパックチェーンは今までどんな旅行サービス業者と提携しましたか。例えば、どんな旅行目的地、或いはどんな航空会社、それとも他の業者。

答え:私立ちは航空会社、ホテル、観光ポストの入場券を第一段階の提携対象にしています。現在、一部の旅行サーボス業者と提携しました。プロジェクトの進展状況や提携した業者の情報はこれから公式サイトに公表します。

6、

質問:バックパックチェーンの狙いは旅行会社、旅行ECを無くすことですか、或いは仲介無しの信用できる機構を作ることですか。

答え:旅行会社を完全に消滅することは出来ないです。今の段階では、誰でも出来ないと思います。私たちが作りたいのは、ブロックチェーン技術に基づいた無仲介の旅行信用消費生態圏です。

7、

質問:どうやって消費に繋がりますか。

答え:スマートフォン向けのバックパックチェーンアプリケーションを通して、サービス業者とやり取りして、消費を実現する。そして、取引記録のベースデータはブロックチェーン技術で実現する。

8、

質問:旅行者はバックパックチェーンを使って、旅行サービス品質に対してコメントしますが、サービス業者はどうやって自分によくないコメントを対応すればいいですか。

答え:ブロックチェーン技術の特徴はデータの改ざんができないことです。サービス業者は偽の取引を作ったり、わざといいコメントを書いたりすることは出来ないです。リアルな旅行体験がそのままブロックチェーンに記録されます。だから、サービス業者は努力してサービス品質を上げるしかないです。

9、

質問:ブロックチェーン技術は旅行と関係ないでしょう。だって、現在、みんなはブロックチェーンのカバーを自分のプロジェクトに飾って、自分のプロジェクトはブロックチェーンプロジェクトと言っているのですが、実はブロックチェーンと関係ないです。バックパック旅行プロジェクトも同じでしょう。

答え:ブロックチェーンは八つの分野に運用されている。その中で、信用調査は重要な運用分野の一つです。バックパックチェーンの核心は旅行信用消費です。信用消費は信用調査技術に依存している。そして、信用調査の基礎は認証システムに頼っている。バックパックチェーンはブロックチェーン技術を生かし、旅行者デジタル身分認証体系とBTAの旅行業者認証体系を構築し、無仲介且つ信用できる取引が実現でき、信用消費の閉環を形成させる。ブロックチェーンは信頼を作る「機械」だと言える。だから、バックパックプロジェクトはブロックチェーンのカバーで飾ったものではなく、ブロックチェーンを核心にした本当のブロックチェーンプロジェクトです。

10、

質問:Backpackバックパック旅行チェーンプロジェクトはお金を騙すための詐欺プロジェクトではないでしょうか。

答え:バックパック旅行チェーンプロジェクトは詐欺ではありません。バックパック旅行チェーンプロジェクトは資金募集する前に、既に基本的なチームを組んで、基礎技術開発も35%完成した。アプリケーションの実施可能性を16ヶ月間模索してきた。チームメンバーはこのプロジェクトを提議した時、5年の発展計画をちゃんと立てている。一番目のアプリケーションは今年の12月に実現する予定です。

11、

質問:ブロックチェーンは中心化を無くすことができると言われていますが、バックパックチェーンプロジェクトも中心化を完全に無くすことができますか。

答え:中心化を完全に無くすのは不可能です。現在のブロックチェーン技術発展状況から見ると、どちらの業界に運用しても、無仲介或いは無媒体までができれば、すばらしいことだと考えられる。今の段階、バックパックプロジェクトは旅行業界におけて、仲介無し、中心化を弱める程度までができる。ブロックチェーンに基づいて開発したバックパック旅行連合チェーン(BTA)はコスト削減、取引スピードアップの面で優勢を持ち、しかも、自動的に勘定照合や記録の機能も付いている。ブロックチェーンは信頼を作る機械です。旅行業にとってグローバル連鎖ホテルと空港会社が不可欠なので、これらの業者の存在を消してはいけない。現在、旅行者にとって、多くの旅行仲介から、信用できる仲介を選ぶのはとても難しい。誰かに自分のプロジェクトが旅行仲介会社を無くすことが出来ると言われたら、慎重に考えてください。

12、

質問:バックパック旅行チェーンプロジェクトに採用している技術の中、50%だけがブロックチェーン技術、これは偽のブロックチェーンプロジェクトじゃないでしょうか。

答え:先進なベース技術であるブロックチェーンの特長はデータ保存ではない。ブロックチェーンは新しいものなので、膨大なデータ量を持っていない。でも、旅行の取引データ量が多いです。静態データのパスポット情報や写真、また、動態データ、ユーザー習慣、旅行痕跡、信用度などの情報の保存が必要です。Ethereumみたいのパブリックチェーンに、旅行取引に関する巨大なデータ量を収容することも出来ないです。だから、分散式ストレージを業務に運用しなければならないです。ブロックチェーン技術を100%利用していないので、偽のブロックチェーンプロジェクトと判断してはいけないです。

13、

質問:このプロジェクトはブロックチェーン技術を利用しなかったら、実現できますか。

答え:ビジネスロジックや技術ロジックから考えると、ブロックチェーン技術を利用しなかったら、このプロジェクトは実現できないです。BTAの最終目的はグローバル範囲で無障壁の旅行信用消費生態圏を作ることです。この目標を実現するには、個人の許可を得た上の旅行信用調査に関わっている。他の業界では、個人の信用情報を調査する場合、国からもらった信用調査ライセンスが必要です。例えば、中国は銀行だけに信用調査ライセンスを配り、AlipayのANT金融サービスグループでも、このようなライセンスをもらっていない。でも、ブロックチェーン技術は商業実施に、データの改ざんできないや信用できるこの二つの便利をもたらした。ブロックチェーンは信頼を作る機械だと言える。ブロックチェーンにあるデータを信用できる且つ所有権が判明できるデジタル資産に転化する。これで、旅行業界伝統的なOTAプラットフォームの弱点を避けて、旅行者もサービス業者もBTAから利益を得る。

14、

質問:このプロジェクトはブロックチェーンを利用して、旅行中の信頼問題を解決できますか。

答え:はい、解決できます。旅行者の静態情報プラス行動軌跡を反映する動態情報は、信用できる個人IDに形成する。旅行業者の認証プラス取引履歴は、信用できる旅行業者のIDに形成する。認証されたID情報がデータ更新に伴い、チェーンに記録され、これで、システムの信用メカニズムに頼って、無障壁の取引を実現する。