Bixinは16億円相当するビットコイン・ボーナスを配り、ブロックチェーン分岐に向けた対応

過去の一ヶ月間で、Bixinはユーザーたちに「ルーメンコイン・ボーナス」と「byteballボーナス」を配りました。価値は1億円を超えています。業界内とユーザーたちから大変ご好評をいただきました。

8月1日にある技術チームはBCCを開発するようです。ビットコイン分裂後にBCCが誕生し、ビットコインアドレスにより、ビットコイン保有者にBCCボーナスを配ります。もし8月1日にBCCは無事に開発されたら、Bixinの慣例によって、BCCボーナスをもらい、ビットコインに交換してからユーザーたちに配ります。今回のBCCボーナス配りの対象はウォレットユーザー、財テクユーザー、ハッシュパワー取引プラットフォームのユーザー全員です。16億円相当する金額!

アカウントの照合:Bixinは事前にウォレット、財テク、ハッシュパワープラットフォームを照合し、この時点でユーザーたちが保有しているビットコインの数量を記録します。

ボーナス配り:もらったBCCボーナスは当時の相場で売り出し、ビットコインに交換します。取引中の必要な手数料以外の金額を全部Bixinウォレットまで送ります。具体的な数量は当時の状況次第です。ここで指摘しないといけないのは、BCCは金額膨大であるため、我々はマーケットデプスにより少しずつずつ行います。少し時間がかかるかもしれませんが、どうかお待ちください。交換が全部終わったら、すぐに配りますので、ユーザーたちは何の操作をしなくても大丈夫です。

リプレイ・アタックによる不正保護

ユーザーたちに知って欲しいのは、BCCはハードフォークから分裂されたものですが、未だにBCCチームがリプレイ・アタックによる不正保護への防止策をまだ作っていません。最小限に混乱を留めるため、Bixinの対策は以下のように

Bixin内部の機能は停止せずに通常通りご利用いただけます:フォーク期間において、Bixin内部送付、担保取引、お年玉、財テク預入、ハッシュパワープラットフォーム、ICOグループ機能はご利用いただけます。

Bixinプラットフォーム外部の引き出し一時停止する予定です。再開時間はブロックチェーンの状況次第です。

個人ウォレット操作リスク警告:個人ウォレットなら、リプレイ・アタックからの侵害を受けやすくて、操作ミスの原因で資産の損害を被る可能性が高いです。したがって。普通のユーザーは分裂前にビットコインをBixinにおいとくことを勧めします。Bixinに預けていただいたビットコインはリプレイアタック対策を行うのでご安心ください。それに、Bixin全員がユーザーたちのリスクを最小限に抑制する努力を続けますので、ボーナス配りも順調に進むことが保証できます。

同時に、Bixinはリプレイ・アタックによる不正保護への防止策を提供いたしますので、詳しく知りたい方はマイニング・プールの責任者にご連絡ください。

渔船阵 携帯:18606838423、BixinID: yuchuanzhen。

Like what you read? Give Bixin a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.