Entertainment is broken, can Blockchain save it ?

BlockPunk
BlockPunk
May 11, 2018 · 22 min read

(日本語は英語の後です)

The TL:DR = Entertainment is broken. Silicon Valley is taking over Hollywood but this has not necessarily resulted in better deals for film and tv producers. With fixed fees, lack of viewing data, and limited merchandising, creators are planning their next shows in the dark with no upside if a title is successful. Enter Blockchain, a decentralized ecosystem that is emerging as an alternative to the streaming oligarchs.

Film and TV is a $240 billion that is shifting from offline and linear modes of consumption to online streaming services and on-demand services. The films and TV we watch are increasingly controlled by the platforms streaming the content, the so-called FANG (Facebook, Amazon, Netflix, Google).

With Silicon Valley moving in, Hollywood has consolidated. Disney’s recent acquisition of Fox combined with BamTech. AT&T’s acquisition of Time Warner, Comcast with NBC-Universal, everybody is bulking up for a mighty streaming battle.

The key to this battle is exclusive content. In the fight for your eyeballs and subscriptions, each platform is developing original content exclusive to its platform. Deals for producers typically involve fixed fees (as has been widely reported) and notoriously no sharing of viewing data. In a world dominated by exclusive streaming, the question for creators is which platform do you choose? Then depending on your choice, can you still build a big global franchise? Would an independent Lucasfilm have emerged with the next Star Wars in this new world?

In the short term, as long as producers get their project financed and have the creative freedom to realise their vision, betting all their chips on one platform may not matter. However, over the medium to long-term the warning signs are clear: creators of original content may become over-dependent on the new oligarchs of media.

When all our consumption is streaming, the creative freedom that is touted by today’s platforms will cease to be a differentiator, it will be a given. Creative freedom assured, the upside potential of a deal becomes even more important. How do producers enjoy the upside when a title is a hit? How do producers make the most of merchandising? How do producers leverage viewing data to plan their next shows? In short, where do producers pin their hopes and dreams? Many creators are looking to the next wave of technology for answers.

2. Blockchain as an alternative

Blockchain will bring about a paradigm shift in how economics are shared and negotiated in media. The concept of a global peer-to-peer database that cannot be hacked is a fundamental game-changer.

That moment in Good Will Hunting when Satoshi Nakamoto comes out of nowhere to solve the decades old Byzantines General maths problem and give rise to Blockchain.

While the obvious application of Blockchain is a virtual currency where individuals can transact without a central bank in the middle, the implications are much wider. Any industry where centralised platforms are acting as gatekeepers for data, imposing onerous terms or reducing efficiencies is a candidate for a decentralized system.

We can’t expect this evolution to happen overnight. The UX/UI experience is poor today like the early days of the Internet. The scalability is still not optimal. The building blocks of this new ecosystem are still being developed. However, like the early adopters of the Internet, those filmmakers who educate themselves and embrace the change will be strongly positioned for the future.

3. The impact of Blockchain on Film and TV

In a world dominated by a small number of centralized platforms, Blockchain will give filmmakers more control over their destiny:

(i) Flexible Financing: Filmmakers can finance their projects by selling crypto-tokens to investors and fans in return for a share of net profits. This will reduce the need to lean on money from platforms to greenlight, giving producers better negotiating leverage and a cost-efficient alternative to equity.

(ii) Clear Ownership Records: Producers can make an immutable record on the Blockchain of who collaborated and contributed to a project. Based on their contributions, payments can be structured to be fair, instant and transparent. This will lead to less litigation disputes over time.

(iii) New Revenue Streams: To further monetize and market their project, filmmakers can issue collectible CryptoArt. CryptoArt are unique digital artworks recorded on the blockchain that can be sold and traded by fans like physical goods. Each artwork is stamped with a digital signature of the artist and the owner. Filmmakers can bundle CryptoArt with tickets and downloads or sell individually as a new revenue source.

(iv) Direct Streaming: Filmmakers can stream their content directly to consumers and set up their own channel without any approval required. Thanks to Blockchain cryptography we can ensure there is adequate copy protection. Furthermore, there are opportunities to incentivize viewership in creative ways. For instance, we can compensate fans who share files on the network with a percentage of sales. The more fans stream, the more both fans and creators can earn.

(v) Stronger Community: Perhaps the most powerful opportunity is the chance to redefine the relationship between fans and creators. Programme an economic space that rewards reputation, contribution and expertise. In other words, the most influential fans can have a direct connection with creators like never before and be rewarded.

Much capital is being invested to create this new Blockchain media world. Some have ahem very specific verticals, like porn for Spankchain. Some like Lino and DTube focus on ad-driven Youtube models. Some like Theta, LivePeer and VideoCoin are putting in place the streaming infrastructure.

Here at my company BlockPunk, we are building a new ecosystem for financing, streaming and merchandising. With our 12+ years of collective experience in Japanese media and streaming, we are starting with Anime. Anime fans are global, passionate and technology early adopters. Fans have a burning desire to consume the latest creations and are very receptive to decentralization. In our first project we created the world’s first anime Crypto collectibles to help solve the issue of global merchandise availability at CryptoAnime.net.

4. Conclusion

Our film and tv consumption will soon be controlled by a small number of huge centralized platforms. Blockchain will be a viable alternative for independent producers to finance and monetize their projects. Like the Internet in 1995, this will not happen overnight but the signs are clear. It’s a perfect time for filmmakers and creators to dive into the ecosystem.

Like Will in Good Will Hunting, it’s time to leave the cocoon of South Boston and go explore.

Julian Lai-Hung is a fellow at Entrepreneur First and the Co-founder CEO of BlockPunk — a Blockchain entertainment studio. Julian was global head of anime and director of content for Japan at Netflix. Before that he worked at Warner Bros as VP of International Digital Distribution based in Los Angeles.

This is part 1 of a series of posts on Blockchain and Entertainment:
Part 2: Film and TV Crypto Collectibles.
Part 3. Film Financing and Crypto-Securities.
Part 4. P2P Streaming in the Blockchain world.

要約:エンタテインメント業界のビジネスモデルが崩壊しています。シリコンバレー企業がハリウッド企業を引き継いでいますが、映画やテレビの製作会社にとって、必ずしも良いビジネス条件はもたらされていません。固定ライセンス料、視聴データの欠如、限られたマーチャンダイズ販売方法や契約により、制作者は次のコンテンツを企画する際もヒットの見込みが立つのに充分な情報を得られず、手探りの状態で企画せねばならないことが課題となっています。そこで、ブロックチェーンの分散型時代です。ブロックチェーンの分散型エコシステムによる新しい成功報酬の仕組みができれば、数少ない大規模配信プラットフォームに依存しない選択肢が出来るでしょう。

  1. Entertainment is broken. エンタテインメントが壊れている

映画・テレビ業は約25兆円の市場規模となっており、従来のテレビ放送やオフライン方法からストリーミング配信への移行により、映画やテレビシリーズの視聴はコンテンツ配信のプラットフォーム、いわゆるFANG企業(Facebook, Amazon, Netflix, Googleの略)に益々依存しています。

シリコンバレー企業の進出により、ハリウッド企業との吸収合併の傾向が続いています。ディズニーは先日フォックスやバッムテック社を買収し、AT&T社がタイムワーナーを、コムキャストがNBCユニバーサルを買収しました。ストリーミング配信業界における競争が激化しています。

この競争の鍵は独占されたコンテンツです。各プラットフォームは、視聴者と会員獲得のため、そこでしか見られない魅力的な独自コンテンツを開発できるのかが勝負となります。プロデューサーとの契約には、固定ライセンス料(広く報道されてきたように)が通常含まれており、視聴データはプロデューサーに共有されていません。一つのプラットフォームに独占配信権を与える世界では、制作者はどのプラットフォームを選ぶのかが課題になります。このような条件で、全世界のヒット作品を作れるのでしょうか。例えばこの新しいストリーミング配信業界で、ルーカスフィルムに続く次のスターウォーズのような作品は生まれるのでしょうか?

短期的に考えれば、作品の制作資金が集まり、自由に作品を制作する環境が整う限り、ビジネスのポテンシャルを最大化しなくても大丈夫だと判断するプロデューサーが多いでしょう。しかし、中長期的に考えれば危険な兆候は明らかであり、映像制作者側はこの巨大な配信プラットフォームに過度に依存するようになってしまう可能性があります。

全ての映画やテレビコンテンツの視聴がストリーミング配信となれば、今日の配信プラットフォームが謳う放送規制なく自由に作品を作れることは、もはや差別化要因ではなくなります。制作の自由は保障され、ビジネスの成功報酬の取引方法がさらに重要となってきます。作品がヒットした場合、プロデューサーはどのように報酬を得るのでしょうか。売り上げをどうしたら最大化でき、視聴データの共有による次の作品企画やマーケティングの最大化をどう図れるのでしょうか。つまり、プロデューサーの夢や希望をどこに抱くのでしょうか。多くの制作者は新しい仕組みが築かれることを、テクノロジーの来る波に期待しています。

2. Blockchain as an alternative ブロックチェーンの新しい仕組み

ブロックチェーンはエンタメ業界における経済システムのパラダイムシフトを起こす力があります。ハッキングが出来ない全世界のP2Pデータベース機能は、根本的な変化をもたらす技術、いわゆる「ゲームチェーンジャー」です。

映画「グッド・ウィル・ハンティング」で、サトシ・ナカモトが突然に現れ、80年代から続いていた「ビザンチン将軍問題」を数学で解決し分散型ブロックチェーンが生まれる瞬間。

ブロックチェーンの最も分かりやすいアプリケーションは、中央銀行を介さず取引が成立するビットコインのような仮想通貨ですが、通貨の取引以外にも提供できる分野が広く影響は大きいです。集約された中央型組織がデータ共有の障害となり、不公平なビジネス条件の要求や非効率な仕組みが存在するならば、どの業界においても分散型システム導入は効果が得られます。

この新しいエコシステム、ブロックチェーンが直ぐに普及することは期待できません。1995年初期のインターネットと同様、今日のブロックチェーンのUX/UIは貧弱で、拡張性は未だ最適ではなく、ブロックチェーンの基盤となるプロトコルは構築段階にあります。しかし、初期のインターネット普及時と同様、早い段階に自身で学び、変化を受け入れた映画製作会社は、将来的に確固たる地位を確立するでしょう。

3. The impact of Blockchain on Film and TV ブロックチェーンの映画やテレビ業界への影響

巨大配信プラットフォームが映像業界を支配する中、ブロックチェーンは映画製作会社にとって運命を切り開く武器になるでしょう

(1)Flexible Financing 柔軟な資金調達:映画製作会社は、純利益の一部を共有する代わりに仮想通貨を発行することによって、全世界の投資家やファンから必要な資金を集めることが出来ます。これにより、現在の株式市場に比べて効率よく資金調達が出来、より強い交渉力と費用対効果の高い選択肢が得られるでしょう。

(2) Clear Ownership Records 明白な所有権記録:ブロックチェーンのデータベースはインターネットが存在する限り永遠に存在する特別なデータベースです。取引内容、所有権の記録、取引相手の記録も無くなりません。その機能を活かし、映画やテレビ制作に関与する各メンバーの貢献度合に基づき、支払額は公正かつ明白に記録することが出来ます。これにより、著作権の訴訟問題を避ける効果もあります。

(3) New Revenue Streams 新しい収入源:プロジェクトをさらに収益化し市場に出すために、ブロックチェーンによるクリプトアートと言う新しいカテゴリーが生まれました。クリプトアートはブロックチェーンに記録される希少なデジタル作品で、制作者や所有者のデジタル署名が印字されています。物理的なグッズと同じ様に買売が可能です。映画やテレビ・コンテンツの場合、キャラクターデザイン、場面写、3Dモデルなどの様々なコンテンツをアートとして販売出来ます。また、映画製作会社は、新たな収益源として、クリプトアートとチケットやダウンロードのバンダル販売が可能になります。

(4) Direct Streaming ストリーミングの直接配信という新しい形:映画製作会社は、承認の必要なく独自のチャンネルを設定し、コンテンツを視聴者に直接ストリーミングすることが可能です。ブロックチェーンのおかげでコピー防止が保証され、さらに、視聴者にインセンティブを与える機会もあります。例えば、ネットワーク上のファイルを共有するファンに、売上の一部を補償することが出来る等です。ファンがよりデータをストリーミングすればするほど、ファンと制作側の両方が利益を得ることができる画期的な方法です。

(4) Stronger Community: クリエイターとファンの間より強い関係:合わせてもっとも魅力的な予想はクリエイターとファンの間の関係性を強化することです。従来の経済関係を再構築して、コミュニティー内の評判、貢献度、特異性によって新しいインセンティブ作りです。もっとも貢献している人物に直接リワードを与える仕組み。

この新しいブロックチェーンメディアの世界に、多くの資本金が投資されています。大人のエンタメに導入されたSpankchainのような非常に特殊な分野もあれば、Lino、Stream、DTubeなど広告主導のYoutubeモデルに焦点をあてたもの、Theta、LivePeer、VideoCoinなどストリーミング配信インフラを導入したものもあります。

我々ブロックパンクは、新しいデジタル・マーチャンダイズ方法、資金調達、ストリーミング配信、および収益化のために新しいエコシステムを構築しています。アニメから始まり、12年以上にわたり日本のメディアとストリーミングでの経験を積み重ねてきました。世界中に溢れるアニメファンは、情熱的で、また、最新のものをいち早く利用する熱意を持っています。だからこそ、分散型ネットワークを非常に受け入れています。

最初の立ち上げプロジェクトとしてはアニメのクリプトアート作品売買をCryptoAnime.netで始めました。

4. Conclusion 結論

我々映画やテレビの視聴者は、いずれ巨大な中央集約型プラットフォームにより制御されるでしょう。ブロックチェーンは、プロデューサーが独自にプロジェクトの資金調達および分配ができる現実的な代案になり得ます。1995年のインターネットのように、その流れは一晩で起こるほど早いものではありませんが、その兆候は明らかです。映画製作会社や制作者がブロックチェーン・エコシステムを導入する最適な時期でしょう。

「グッドウィルハンティング」のように、南ボストンを離れて探検する時が来ています。

ジュリアンはEntrepreneur FirstのFellowであり、映画製作会社やファンのためのブロックチェーンエコシステムを提供するブロックパンクの共同設立者です。ジュリアンは、Netflix日本にてコンテンツのディレクター及びアニメのグローバル責任者を務めました。その前は、ロサンゼルスに拠点を置くInternational Digital Distribution にてワーナー・ブラザーズのバイス・プレジデントとして勤務しました。

ブロックチェーンとエンターテイメントに関するシリーズ記事の第一部です。今後、
第二部:クリプト・コレクティバル
第三部:映像ファイナンスとクリプト証券
第四部:ブロックチェーン界におけるP2Pストリーミング


Originally published at medium.com on May 11, 2018.

BlockPunk

Written by

BlockPunk

The p2p anime studio. https://blockpunk.net/ Made with love in Singapore and Tokyo.