ネイティブが書いたジョン万次郎の発音について

whはワ行で発音すればいいのか。

ジョン万次郎の時代はは行を発音していたが今では違う。

僕の意見では、多くの日本人が英語を話しているときに一番不思議な癖は、wh で始まる単語の先に h の音を発音することです。例えば、多くの日本人は、英語の white を、「ワイト」ではなくて、「ホワイト」に近い発音で話します。wh を h で発音するのは間違いではありませんが、世界の大多数の英語のネイティブは h の音をまったく発音しません。who, whole, whore などいくつかの例を除いて、wh で始まる単語は、w だけを発音します。例えば、where と wear の発音は全く同じです。僕はニューヨークで生まれ育ち、人生のほとんどをアメリカで過ごしてきましたが、h を発音することはありません。また、h を発音するネイティブには会ったことがないです。そういう話し方は、古い映画やテレビドラマでしか聞いたことがありません。最近の映画やテレビドラマでは、非常にまれなことです。

さて、なぜ、ほとんど日本人は世界中の英語ネイティブのほんの一部の人たちだけしかしない発音をするのか。これをどう説明したらいいのでしょうか。この質問に答えるには、まず歴史的に英語のネイティブはどういうふうに wh を発音していたのか考えるべきです。昔は、全ての英語のネイティブが wh の先に h を発音していたそうです。しかし、h を発音しなくても通じるからか、 h を発音すると話すのが遅らせるしかないか、次第に発音の仕方が変わってきました。英語版のウィキペディアで調べると、今は h を最初に発音するのは、スコットランドやアイルランド、そしてアメリカとカナダの一部地域に限られているそうです。

続く

In my opinion, the strangest habit that many Japanese people have when speaking English is pronouncing words that begin with “wh” with an H-sound. In other words, many Japanese people pronounce the English word “white,” they don’t say “wa-ee-to,” but instead say “ho-wa-ee-to”. Although it is not wrong to pronounce wh-words with an H-sound, the majority of the world’s native English speakers do not pronounce any H-sound at the front of wh-words. Aside from a few exceptions, like “who,” “whole,” and “whore,” the sounds of “wh” and “w” are identical. For example, “where” and “wear” are pronounced exactly the same way. I’m a native New Yorker who has lived in the U.S. for most of my life and I don’t pronounce any H-sound in front of these words at all. I’ve also never met any native English speaker in-person who pronounces wh-words like this. I’ve only heard people speaking like that in old films and only on extremely rare occasions do I hear people talk like that on recently recorded material for TV or film.

So how can we explain how many Japanese people came to pronounce wh-words in a way that only a small fraction of native English speakers pronounce them? To answer this question, we must first consider how wh-words were pronounced by English speakers throughout history. It turns out that a long time ago all English speakers pronounced words that begin with “wh” with an H-sound. As we moved into the modern age, however, this way of pronouncing “wh” gradually disappeared probably because wh-words can generally be understood without the H-sound and pronouncing the H-sound can only slow speaking down. According to the English version of Wikipedia, the only places in the world that still retain the H-sound are Scotland, Ireland, and a few parts of the US and Canada.

To be continued.

前回の投稿では、wh で始まる単語を発音する時に、h の音を発音するネイティブはほとんどいないことについて書きました。一方で、昔はネイティブも wh で始まる単語を h の音から発音していたことも書きました。この事実を信用すると、日本人がどうして h を発音するようになったのか、想像するのは難しくありません。つまり、ネイティブが昔、日本に来て英語を日本人に紹介したと考えることができます。実際、そういう人物はいましたが、英語のネイティブではありませんでした。その人物の名前は、日本でもよく知られているジョン万次郎です。

1841年、14歳だった万次郎は仲間と共に乗った船が難破してから143日後にアメリカの捕鯨船に救助されました。万次郎はその捕鯨船の船長についていき、アメリカに渡りました。彼は、ほぼ10年間アメリカに住み、日本の鎖国政策を違反していたにもかかわらず、その後、再び日本で暮らすことが認められました。米国生活という当時は特異な経験を糧に、彼は日本で立派な学者となり、米国に関する権威者とみなされました。

1859年、万次郎は日本初の本格的な英会話教本と呼ばれている『英米対話捷径』を執筆しました。幸いなことに、この本は早稲田大学図書館に残っているので、インターネット上でも見ることができます。
http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/bunko08/bunko08_c0734

万次郎は、この本の中で役に立つ英語表現を書き、その横に自分の耳で聞いた発音に一番近いものをカタカナでふりがなをふりました。彼は日本人として英語を学習した最初の人物ですから、英語の発音の解釈については他の日本人の影響を受けていませんでした。また当時は録音機もない時代であったことを考えると、万次郎の本には、彼が生きた当時のアメリカ英語が最もリアルに書き残されていると言えるかもしれません。

それでは、万次郎には、アメリカ人が発音する wh から始まる単語は、どのように聞こえていたのでしょうか?先ほどご紹介したURLを見ると、以下のようなふりがなが振られています。

what = ハツタ、フハツタ 
when = ホエン 
where = フハヤ 
which = フッチ 
why = ホワイ

現代のカタカナの表記とは異なりますが、万次郎には全て h の音で始まっているように聞こえていたようです。このことは、今のほとんどのネイティブは wh を h で発音しないことにもかかわらず、万次郎がアメリカに滞在していた頃、アメリカ人の発音する wh が、h から始まっていたことの裏付けになると考えられます。

続く

In the previous entry, I wrote that most native English speakers today don’t pronounce an H-sound before words that begin with wh. I also wrote that a long time ago all native English speakers pronounced an H-sound before wh-words. If you accept this idea, then it’s not difficult to imagine how Japanese got started on pronouncing wh-words in this way. Native English speakers most likely entered Japan and introduced English to Japanese people. In fact, there was such an individual but he was not a native English speaker. That individual, whose name is known by many Japanese people, was John Manjiro.

In 1841, a 14-year old Manjiro followed an American ship captain to the U.S. after the captain and his crew saved Manjiro and his friends while they were shipwrecked on an island for 143 days. Manjiro ended up living in the U.S. for about 10 years after which he found his way back to Japan and was ultimately allowed to stay despite having violated Japan’s strict isolation policy. Manjiro’s unique experience in the U.S. enabled him to flourish as he became the Japanese authority on all things related to America.

In 1859, Manjiro wrote “Eibei Taiwa Shokei” (A shortcut to Anglo-American Conversation), the first English textbook in Japan. Fortunately, copies of this textbook still exist and are stored at Waseda University Library. Photos of all of the pages can be viewed on the Internet: 
http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/bunko08/bunko08_c0734

In this book, Manjiro wrote down useful English phrases and next to them he wrote the katakana that best approximated the sounds that he heard with his own ears. It’s important to note that since he was the first Japanese person to study English, his interpretation of these sounds were completely uninfluenced by other Japanese people. Also, when you consider the fact that there were no audio recording devices at the time, Manjiro’s textbook may be the closest thing we have to a “recording” of the English spoken in America during the period he was living there.

And what did Manjiro hear coming out of American people’s mouths when they pronounced wh-words? If you check the URL, you can see that he wrote the furigana for wh-words like this:

what = ハッタ、フハツタ 
when = ホエン
where = フハヤ
which = フッチ
why = ホワイ

Even though the katakana expressions for these wh-words are different from the ones used today, we can see that Manjiro heard an H-sound in front of all of the wh-words. This supports the idea that although most native English speakers today don’t pronounce an H-sound at the front of wh-words, the people around John Manjiro when he stayed in America did.

To be continued…

英語を勉強している日本人に「アメリカのアクセントとブリティッシュアクセントのどちらが好みですか?」と聞くと、大抵同じ答えが返ってきます。「どちらでも構いません」。最近はこの返事には全然驚きませんが、日本に来てから英語を教え始めたばかりの頃は、すごく驚きました。なぜなら、アメリカ英語に慣れていた僕の耳には、ブリティッシュアクセントは非常に異なって聞こえたからです。

僕はアメリカに住んでいたとき、ブリティッシュアクセントで話す人に出会うことはめったにありませんでした。実は、ブリティッシュアクセントで話す人によく出会うようになったのは、日本に引っ越してからの話です。イギリスのテレビドラマや映画の人気が高まるにつれて、アメリカ人はブリティッシュアクセントに前よりは慣れてきていますが、アメリカに住んでいるアメリカ人はブリティッシュアクセントで話す人は、しばらく外国人として見なすと思います。

Whenever I bring up the question “Would you prefer to have an American accent or a British accent?” to Japanese people studying English, I almost always get the same answer: “I don’t have a preference.” Nowadays, I’m so used to this response that it doesn’t surprise me at all but when I first started teaching English in Japan, I was very surprised because the sound of a British accent was so different to my ears which were so used to the sound of American English.

When I lived in the U.S., I rarely encountered people with a British accent. In fact, it was only upon arriving in Japan that I started to hear a lot of people with British accents. Although Americans are getting more and more accustomed to the sound of the British English accent because of the growing popularity of British English dramas and films, I think Americans living in the U.S. will continue to consider people with British accents as foreigners.

日本人の英語学習者の中には、「常識」を英語に訳すとき、常に common sense と訳す人が多いです。もしあなたがその中の一人だったら、続きを読んでください。

common sense は、一般の人が特定の状況に直面したときに意思決定の指針となる知恵を指す表現です。
例:It’s common sense to go to the doctor when you have an illness you’ve never had before.今までかかったことない病気になったときは医者に診てもらうのが、常識です。

一方、ただ一般の人が知っている情報なら、common knowledge を使う方がいいです。
例:It’s common knowledge that Sugamo has many old people. 巣鴨には高齢者が多いことは、常識です。

しかし、単純にmost people know…みたいな言い方の方が普通かもしれません。
例:Most people know that Sugamo has many old people.

Many Japanese people learning English mistakenly assume that “joushiki” (常識) can always be translated as “common sense” in English. If you’re one of these people, please read on.

“common sense” refers to the knowledge held by most people which guides them in making judgements in particular situations.
Example: It’s common sense to go to the doctor when you have an illness you’ve never had before.

On the other hand, if you’re simply talking about the knowledge that most people have, you should use “common knowledge.” 
Example: It’s common knowledge that Sugamo has many old people.

It’s probably more common, however, to simply say something like “most people know…”
Example: Most people know that Sugamo has many old people.

これは発音の参考になる

http://ameblo.jp/beautiful375/entry-10954131736.html

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.