蘭学 通詞 江戸時代 教育

・阿蘭陀通詞 今村源右門 英生 外つ国の言葉をわがものとして

片桐一男

・江戸の蘭方医学時始 阿蘭陀通詞・吉雄幸左衛門 耕牛

片桐一男

・長崎通詞ものがたり ことばと文化の翻訳者

杉本つとむ

・緒方洪庵と適塾

梅溪 昇

・古代日本人と外国語

湯沢質幸

・古代中国数学 九章算術を楽しむ本

孫 栄健

・通訳達の幕末維新

木村直樹

・幕末の外交官 森山栄之助

江越 弘人

・開国と英和辞書 評伝・堀達之助

堀 考彦

・蘭学と日本語

杉本つとむ

全体の内容は、江戸や長崎、大阪の通詞の仕事内容や教育、生活、江戸から明治維新までの出来事、どのように関わってきたか、など。

通詞はオランダ人と交流したり、日本語の文書を翻訳、逆にオランダ語文書の日本語訳をしていた。

今も昔も普段から外国語を使わないと上達しない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.