浮世とカフェイン 時々朝ラン 9

カフェによく行くようになったのは、ここ数年のことです。

最寄りのコンビニまで徒歩15分…なんてところに長ーく住んでいたので、カフェに行く習慣が身に付いていませんでした。

行くとしたらスタバしか知識と選択肢がなかったわたしが、カフェに行くのが好きになったきっかけは、ここ。

恵比寿の猿田彦珈琲

テイクアウト用のカップ 素敵すぎます!

恵比寿駅を降りた近くにある小さなカフェ。徒歩圏内に住んでいたので在る事は知っていましたが、雑誌に小さく載っていた記事を見て興味がわくわく!ここからわたしのカフェ通いが始まりました。

手作り感いっぱいの木のインテリア。お家っぽくてものすごく落ち着きます(ほんとに手作りなんだそう)。

自身初のハンドドリップで頂くコーヒーの味は、淹れる所作から丁寧に時間をかけて、豆の味を最高に引き出しているのを全身で感じられた一杯でした。

フレンドリーにお話ししてくれるスタッフの方々。また来よう♪とゼッタイみんな思うはず!その通り、いつ行っても混み混み!諦めて帰ったことも何度かありました。

土地柄?かなり遅い時間まで開いてるので、金曜日の夜は外の椅子も満席なのを何度も目にしました。真夜中猿田彦したかったなぁ…


季節のブレンドを楽しみにしていました。

定番の深煎り
テイスティングプロフィールを見ながら味を探します
ネーミングセンス抜群です!
パッケージデザインも楽しみの一つ
ホワイトデーの限定はこんな味…

最近行けてないから、これを書いてて行きたくてしょーがない!今出てるブレンドは何かな。ネットでも買えるけど、これはお店で買いたいのです。

猿田彦珈琲 大好きです

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.