Sense of Wonder about yourself

さて私も芥川龍之介と同じく、自らのなかに空白を抱えていると認識しないままに過ごしていたことに気づいた。

私は芥川龍之介の晩年の作品が好きだ。

自身を省みるとき、芥川龍之介の言葉はもっとも切れ味を持ち、一貫性やストーリーなど不必要であったという気持ちにすらさせられる。一介の

それはともかくとして、明らかに同時代の作家より優れた作品をつくり評価もされ、客観的に自らを良しとしてしまう誘惑のなか、芥川龍之介は「彼そのもの」を問い続けた。しかし自分の中の深淵を想定して覗き込むばかりで、空白の存在に彼は気づかなかった。結果としてなにかが足りないともがき続け、確かな強い自我をなんどもさわって確かめるようにして思考は迷走する。この迷走した彼の言葉にこそ、迷走した僕は深く共感を覚えたのだ。

自分に関するファンタジーを捨てるときがきた

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.