ミシュラン星のレストランにある蕪はなんと日本人が!?

山下朝史さんという方をご存知だろうか。

彼は今ではミシュラン星のレストランに出る蕪を作る農業界で

はすごく有名な人となった。

彼元は盆栽の専門家だったのだ。

そして、芸術の勉強のためパリに行ったのだ。

そこで何かしらのきっかけで農業職に就くこととなった。

彼の作る蕪には限りがある。

「量より質」

彼はこれをモットーに蕪を作っているからである。

この言葉は彼の作る蕪にだけ言えることではない。

何にでも言えるだろう。

量をたくさん重ねることももちろん大事だが、「質」を念頭に置かな

いとなんの進歩もないと言えるだろう。

彼がこの地位に至るまでに相当な努力があったんだろうと私は思う。

日本人が海外で活躍しているということは私たち日本人にとってすご

く誇らしいことだと思う。

http://www.nytimes.com/2016/08/24/t-magazine/food/asafumi-yamashita-vegetables.html

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Hinata Fujimoto’s story.