プジョー206SW 電気系統に不具合発生

プジョーの修理・車検・板金塗装・中古車なら福岡で創業90年の輸入車修理工場へ

パワーステアリングポンプを取り外して、オルタネーターを交換。

206で特記スべきことはにはAL4というATが搭載されており、アクセルをオフするとエンジンブレーキを効かせるような制御をする。

シフトダウン時に時々ガツンというシフトショックが出るなどスムーズさに欠けるところがプジョーの個性なので国産から乗り換えたときになんだかイマイチに感じる。ライオンディーラーに尋ねてみると「プジョーATはそんなものですよ」と言う(苦笑)。

206は故障が少ないので維持費もそんなには高くならないが、ディーラーではリンク品やOEM品を取り扱うのを嫌がるために、今更新品の純正品を交換する必要もないのに・・・・あと2年乗ったら買い換えるんだからと考えていても受け入れられない・・・。本当に困る!

輸入車・プジョーの車検・故障修理・中古車・板金塗装でお困りの方で、アクトジャパンのことを更に詳しく知りたい方は ☟

お急ぎの方は、今スグお問い合わせください。

輸入車の車検・修理・板金塗装のお問い合わせ
・お電話の方は、092–938–2231へ
・ メールの方は、actjapan@gmail.com