Five Star Meeting: 1/14/2015

2015年1月14日(水) のミーティング内容です。

福岡 Five Star 今年の最大目標は Huddle Bowl 2015 優勝です。全試合において勝利をおさめる事です。

ではどうすれば (How?) 今大会全試合に勝利し、優勝・目標達成になるでしょうか?

2つあり、この2つが噛み合わないと確実な勝利 にはたどりつきません。

一つ目:オフェンスは毎回攻撃の時に TD (タッチダウン)をとる、つまり Turnover ゼロにする事。毎回7点スコアをあげて、ディフェンスにバトンタッチする事。

2つ目:オフェンスが毎回 TD を取る事を前提に、ディフェンスは 1試合Turnover1回だす事。Interception だけではなく、相手の攻撃を1本止める事です。

結果的にどんな対戦相手であろうと、数字からして1本差で勝利となります。これが How? です。これが徹底して実行できているチームはどんなチームにも勝ちます。

では、オフェンスは Turnover ゼロにするには:

QB は WR が取れるパスをなげる事。ボールの質、ロケーション、タイミング、全ての面で取れるパスです。

WR は QB が投げてきたパスはすべて取る事です。

出来てない時に Turnover につながります。もちろん現時点で「しっかり投げれない・取れない」事がよくあります。もちろんこれには原因と理由があり、ここからが今週のミーティングの課題になります。




今週のミーティングの課題:

「しっかり投げれない・取れない」理由にまず

Timing.

QB − Center − WR のタイミングの関係を再確認し、治して行きましょう。

QB の状況判断:「プレイコール、スナップのコール、状況から分かるカベレージ、どの辺を狙うべきなのか、2nd down/3rd down のプレイからしてどのペースで次のプレイを進めていくべきか」等… QBがまず一番に Timing を整えて行くべきです。

Center のスナップ: Centerで入るプレーヤー全員スナップのタイミングと速度を統一させましょう目標は常に一定したタイミングとスピードでボールをスナップすることです。

WR「1 — 2」のタイミング「1 —2—3」のタイミングのリズム。相手ディフェンスの Blitz の関係から、このリズムが崩れると必ず QB とのタイミングもずれます。しっかり意識して練習であわせて行きましょう。

タイミングがまだ把握出来ていないプレーヤーがいます。Blitz が入っているかの確認も含め、まず「1」のタイミングで QB を見てください。それから「2」でカットです。

QB — Center — WR のTiming を完全にあわせていくに向けて、日曜日の練習の課題は「ゴールライン」オフェンスです。

Huddle Bowl では ポイントアフターの 1pt/2pt が 「5yd から」もしくは「10yd から」のパスプレーになっています。5yd以内からエンドゾーンの奥の狭いエリアで、空いているゾーンに上手く入り込む練習を毎週これからやって行きます。

それを兼ねて、次の New Play を導入します。今週日曜日の練習でやります。

Center と 右レシーバーの Iso :ジャンプボール play です。ほぼ決めうちです。(入るレシーバーはその都度指名されます。)

ここからディフェンスに移ります。

ディフェンス対処用のプレイを今週は二つ行います。

プレイ1:

KG の Key Play シリーズから (Read Option プレイ)

ディフェンス目線

オフェンス目線

プレイ2:

慶応 Key Play シリーズから (0:26 からのプレイ)

ディフェンス目線

オフェンス目線

まとめ

今週の課題:

オフェンス

  1. (Timing) Center のスナップ
  2. (Timing) WR 1–2, 1–2–3 のタイミング
  3. (全体) ゴールライン オフェンス 5yd・10yd

ディフェンス

  1. KG Read Option : Run + Pass 対処
  2. 慶応 Read Option : Run + Pass 対処

以上です。