日々感じていることを文章にする

これから文章を書くトレーニングも含めて、日々感じていること、気になっていることをブログに書いていきたいと思います。

今日書くのは、「ハンドドリップのコーヒーがもたらす変化」についてです。

元々コーヒーは好きで、一昨年にデロンギのコーヒーメーカーを買ってから日々コーヒーをセットするのは割と楽しい日課のひとつだったのですが、昨年奥さんにキントーのコーヒーカラフェセットを買ってもらってから、明らかに生活が変わりました。

何が変わったか。

①お湯を沸かし、コーヒーをゆっくり入れることが楽しいと感じられるようになった

②コーヒーを入れている間、自分に力が入っていたりせかせかしている時、その状態に気づいて力を抜く、リラックスすることができるようになった

③酒量が減った

お酒が好きではあるものの、常々日々の酒量を減らしたいと思っていた私としては③がとても大きいです笑

もうちょっと言うと、ビールなんかから初めてついついワインとかウイスキーとか、どんどん飲みたくなってしまうのが常なのですが(苦笑)、それをお湯を沸かして丁寧にコーヒーを入れることでだんだんお酒が飲みたくなくなっていく、そしてそのあとの夜の時間を読書や最近はじめた料理のブログを更新したり、生産的なことに時間が使える、という変化がありました。

お酒をあまり飲まない方にとってはなんのこっちゃだと思いますが、大学院を卒業してからここ5年ぐらいずっと個人的な課題としてありまして、睡眠の質を上げる、体に良いものを食べる、定期的に体を動かす・トレーニングする、などとともに仕事のパフォーマンスを上げるために「酒量を減らす」というのは自分にとって大事なことだと思っていたのですが、なかなか変えることができず、何かいい方法がないかと思っていました。大げさですが笑。

人生の時間は限られていて、いつ死んでしまうかわからない中で1日1日を一生懸命生きていく、毎日少しずつ成長してできることを増やしていく、そういうルーティンをいかに自分の中に作るか?を意識して作っていくことはとても大事だと思っています。

こうして日々変わらないように思えても変わっていく日々の変化、気づきなどをこうしてログとして書いていけたらと思います。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.