誰も知らないインターネット最大の会社 アカマイ創業者 F. Thomson Leighton(トム・レイトン)

出典http://www.dreamnews.jp/press/0000066147/

あなたはCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を知っているだろうか?

CDNとは私たちにインターネット上のデータ安心安全に届けてくれるサービスのことだ。

そんなCDN分野で世界最大手アカマイ・テクノロジーズを創業した人物がトム・レイトンである。

アカマイは現在世界のインターネット上のデータの30%を世界の人々に届けており、『誰も知らないインターネット最大の会社』と言われている。

私たちにインターネットを安心安全に届ける企業を創業した彼は何を思い創業へと至ったのだろう。

自らの技術で社会問題を解決したい

彼は高校生の頃から『intel STS』という科学賞を受賞する大変優秀な学生で、Princeton University にて工学の理学士号を取得し、最優秀の成績で卒業。MIT で数学の博士号を取得。同大学の応用数学科の応用数学科の教授として研究の道へ進むこととなる。MIT コンピュータ科学人工知能研究所 (CSAIL) のメンバーでもあった。

また、コンテンツデリバリー、インターネットプロトコル、ネットワーク用アルゴリズム、暗号文、Digital Rights Management などに関する数多くの特許を保有しており、彼はアカマイ・テクノロジーのコアテクノロジーであるCDNに関する権威でもあった。

彼は人生のすべてを研究に注いでいました。しかし、1998年に彼のMITでの教え子であったダニエル・ルウィンとともに同社アカマイ・テクノロジーズを創業した。

アカマイ設立の背景には、ウェブの混雑を解消する方法を応用数学とアルゴリズムの観点から開発することができるという彼の発見がありました。

引用 :http://www.akamai.co.jp/enja/html/about/management_tl.html

彼が起業をしようと思ったきっかけは自分の技術で社会の問題を解決できるとおもったである。

現在もアカマイ・テクノロジーズの本社はMITの目の前に本社があり、アカマイが設立さえた時に出資したのもMITという非常にMITとの関係性も深い企業だ。

アカマイは数学という学問を武器にMITと協力し成長した産学連携企業の理想型といえる。

唯一ダウンしなかったサーバー

出典 http://www.dreamnews.jp/press/0000044065/

なぜ世界の人々は数多くあるCDNサービスの中でアカマイテクノロジーズを利用するのだろうか。

エピソードがある。

1999年3月「スターウォーズ」の予告編をリリースした際に、アク
セスが集中し、アップル社等のサーバーはダウンしてしまいますが、
アカマイ社のサーバーだけ唯一稼動し、スティーブ・ジョブズや世
界中のネット会社から注目されました。

引用 :サイバー戦線 異状あり トム・レイトン(Tom Leighton) 知の逆転

高速ネットワークとキャッシュサーバを組み合わせて、ユーザーからのアクセス要求には最も適切なサーバを自動で判別して、目的のコンテンツを高速に提供するDynamic Site Deliveryなどの独自システムを有している。技術的には、アカマイのDNSサーバが、ユーザーの使っているIPアドレスから判断して、ユーザーが利用しているISP内などのユーザーに近い位置にあるアカマイサーバを割り当てるようにしたもので、ユーザーは遠隔地のサーバまでアクセスすることがなく、効率が良い。これらの技術によって、アカマイ社は国内外でコンテンツデリバリネットワーク (CDN) 最大手企業としての地位を不動のものとしている

引用:wikipedia

世界のインフラとして

現在アカマイの顧客はアメリカ国防省からAppleそしてANAまで世界の企業に活用されインフラの様相すらでてきている。

サイバーセキュリティーが問われる21世紀、トム・レイトンの創設したアカマイ・テクノロジーは世界の人々に安心・安全のテクノロジーを提供し続けるだろう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.