Goldlinks八月ニュース動向

プロジェクトの進捗:

1.8月3日、ゴールド安定トークンGGCがLOEX取引プラットホームで上場

Goldlinksゴールド安定トークンGGCは、シンガポール時間 (SGT) 2019年8月3日15:00に正式にLOEX取引プラットホームに上場し、同時にGGC/USDTの取引ペアも開放されました。GGCのチャージ・引出し業務はそれぞれSGT 8月1日9:00及びSGT 8月11日00:00に正式に開放されました。現在GGC/USDTの価格は0.482-0.492で安定しており、ロンドンの金価格と終始一致しています。

GGC(Global Gold Coins)は現物の黄金資産を背後に抱える、Goldlinksグローバルゴールドが従来世界とデジタル文明をつなぐための重要な架け橋です。今回上线GGCが上場したLOEX取引所は、120の国家及び地区に数百万のユーザーを持っており、年間取引高は億万クラスに達し、一日の取引高は20000人を超える、世界一流のプラットホームです。GGCのLOEX上場は、GGCのエコロジー建設と革新の発展を加速するものです。

2.Goldlinks日本コミュニティとオフラインでミーティング 高度の共通認識を達成

8月中旬、Goldlinks運営チームは東京にて、Goldlinks日本コミュニティとオフラインミーティングを開催し、Goldlinksの目下の発展状況や将来的な計画等の内容について深く交流しました。Goldlinksの運営責任者は、日本コミュニティの代表による提携金鉱やR&Dセンターの参観や、GGCのオフライン応用シーンの体験を手配できると述べ、同時に既に提携協議書を締結している多くの提携パートナーらと共に実際の提携を展開し、GGCの発行量とビジネス応用シーンを拡大していきたいと語りました。

日本コミュニティの主要責任者は終始Goldlinksのプロジェクト理念を認め、かつ,ゴールド安定トークンGGC(Global Gold Coins)の発展をサポートし続けていくとしています。本コミュニティの主要責任者は終始Goldlinksのプロジェクト理念を認め、かつ,ゴールド安定トークンGGC(Global Gold Coins)の発展をサポートし続けていくとしています。

イベント:

CEO欧陽贇がPOW’ER 2019 グローバル開発者大会に出席


Goldlinks August Newsletter

Project developments:

1.Global Gold Coins GGC first launched on LOEX exchange, August 3

On August 3, 2019 at 15:00 (Singapore Time), GGC (Global Gold Coins), the gold-backed token issued by Goldlinks, has officially launched at the LOEX exchange. Trading pair of GGC/USDT was opened on the same day. Noticed that GGC’s opening and withdrawal time officially began at 9:00 on August 1 (SGT) and 00:00 on August 11 (SGT). Trading pair of GGC/USDT is traded stradily within 0.482 - 0.492, in accordance with the London gold price.

The gold-backed GGC is of great importance for Goldlinks bridging…


五分でチェック、POW’ER大会の9つのハイライト!

8月21日、北京にて、火星財経が主催する「POW’ER 2019グローバルブロックチェーン開発者大会」が開幕されました。今回の大会には、世界中から数十名のブロックチェーン、5G、AI、IOT等分野のテクニカルリーダー、専門学者や投資者ならびに螞蟻金服、小米、アマゾン、百度等有名企業の代表者が参加しました。Goldlinks CEO の欧陽贇も今回の大会に出席し、他のゲストたちとともに新技術の趨勢や従来産業との衝突と融合、金資産のデジタル化やエコロジー応用圏等の話題を巡って討論を重ねました。

以下、皆様に一部のハイライトの一部をご紹介いたします。

螞蟻金服(阿里巴巴)副総裁劉偉光:5G商業化=5G端末+ブロックチェーン+AI+クラウド

5G時代は、あらゆる設備が5Gチップを搭載し、本当に万物を結びつける。このような中でブロックチェーンはちょうどビジネスインフラに溶け込むプロセスにあり、5Gとうまく融合できる。今後、ブロックチェーン、5G、モノのインターネット及び工業インターネットは新しいビジネスの入口を開いて、ブロックチェーン業務のコールドスタートを実現することができる。

ブロックチェーンはこれまで以上に螞蟻金服の内部シーンで使用されるようになり、今後は多国籍貿易等の業務にも応用されるだろう。同時により多くの技術が開放されて、国家のビジネスインフラが向上することを願っている。

小米グループ副総裁崔宝秋:人類はまさに“AIoT+5G”スーパーインターネット時代に突入

崔宝秋はスピーチ中で述べた。人類はまさに「AIoT(モノの人工知能化)+5G」スーパーインターネット時代に突入している。具体的にはAI、IoT及び5Gの融合により体現され、これによりブロックチェーンは今後、本当に価値あるインターネットになるかもしれない。しかしブロックチェーンが行く道はまだ困難に満ちている。

百度雲智能雲ブロックチェーン賞品責任者劉尭:Web3.0時代はブロックチェーンの到来を加速

劉尭はそのスピーチの中で自らの見解を発表した。:次世代のブロックチェーン技術は融合を加速するものであり、三つの特徴を備える。:一つ目はより良いパブリックチェーン、二つ目はより良い企業クラスのブロックチェーン、三つ目はより強い境界のブロックチェーンである。

現在実現しているのはブロックチェーン+金融が最も多い。商業銀行、都市商業銀行等は、いずれも積極的にブロックチェーン業務の実現を後押ししている。ブロックチェーンは単一のチェーンからシステムに発展しており、業務は単一から多様化しているとともに、信頼性、安全性、プライバシー等の特徴を備え、Web3.0時代の企業応用システムをサポートすることができる。

デジタル資産研究院院長朱嘉明:2020年代理通貨経済の目標はインクルージブファイナンス

デジタル資産研究院院長朱嘉明は述べた。貨幣経済から見ると、2020年最大の目標は、インクルージブファイナンスの開始である。通貨経済の現状について、強調すべき4点は以下のとおりである。:通貨金融の覇権と独占は終わりに向かう、通貨金融科学技術革命は成熟に向かう、通貨金融資源の分配の不均衡は平等化に向かう、通貨金融システムは多元化を呈する。

「構造的、制度的及びシステム的な大型の転換が始まっており、我々はその中の歴史的な「転換点」にいるのかもしれない。問題はどのように次の方向を選択するかだ。」彼は更に補足した。「情報化、ネットワーク化、ブロックチェーン及びグローバル化等、これらが1つになった時、はじめて転換点の変化が提供される。」

GoldlinksグローバルゴールドCEO欧陽贇:ブロックチェーンは金のデジタル化を実現し、金産業をエンパワーメントする


5-min read: Summary of the highlights of the POW’ER 2019 Conference

The POW’ER 2019 Global Blockchain Developer Conference, organized by Mars Finance, brought to a successful close in Beijing on August 21, 2019. Dozens of technology experts, professionals and investors in the fields of blockchain, 5G, AI, IOT and others were present at the conference, which includes representatives of Ant Financial, Xiaomi Corporation, Amazon, Baidu, etc. …


Project developments:

  1. Goldlinks releases the Whitepaper V2.0, scaling new height for brand strategy

On 15th July, Goldlinks officially released the new 2.0 version of the Whitepaper, scaling new height for its brand strategy. As mentioned in its Whitepaper 2.0, Goldlinks will issue GGC, the universal anchor of value in digital world, based on the consensus of the identification of gold. By building a digital financial infrastructure, Goldlinks will expand its application ecosystem to actively address the opportunities and challenges in the digital economy era, while acting as a bridge between the legacy system and a new digital world.

2. Goldlinks…


プロジェクトの進捗:

1. Goldlinksグローバルゴールド白書2.0 ブランド戦略のバージョンアップを発表

7月15日、Goldlinksグローバルゴールドは正式に白書 2.0バージョンを発表、ブランド戦略のバージョンアップを実現しました。白書2.0では、Goldlinksが金価値の共通認識に基づいてデジタル世界の基準物であるGGC(Global Gold Coins)を創造し、デジタル金融インフラを構築して、これをベースにGoldlinksの応用生態圏を広げ、デジタル経済時代のチャンスとチャレンジに積極的に対応すると同時に、全人類のために伝統的な工業文明から将来的なデジタル文明への架け橋を架けることについて、言及しています。

2. Goldlinksグローバルゴールド 宣伝動画「デジタル文明の天下統一」正式にネットで発表

白書2.0バージョンの発表に続き、Goldlinksの宣伝動画「デジタル文明の天下統一」も続けてオフィシャルサイトに登場しました。宣伝動画は主に古代中国の銀票から現代世界の“金票”へ、工業文明からデジタル文明への変遷について述べており、人々に向けてデジタル文明時代の天下統一の青写真を描いています。金及びブロックチェーン技術により二重に信用を裏書きされた、ゴールドデジタル通貨の共通認識は自然なものであり、またそれ以上に普遍性を備えています。

イベント:

3. コミュニティトークンGGT純買入取引コンペティション、成功裏に終了


東南アジアを抱きしめる 今後の趨勢は多元化したデジタルエコロジーの応用チェーン

摘要:東南アジア地域マーケットの発展潜在力と、ブロックチェーンやデジタル通貨を積極的に取り込もうという姿勢は、少なからぬブロックチェーンプロジェクトを惹きつけている。Goldlinksグローバルゴールドは東南アジアの新興マーケットに狙いを定め、海外旅行、オンラインゲーム、国際Eコマース等の応用場面を実現し、また更なる布石によりエコロジー応用圏を広げつつある。

本文:現在デジタル通貨業界は急激に成長しつつあり、Goldlinksグローバルゴールドもグローバルマーケットの開拓速度と応用場面の開発実現に力を入れ、その足跡はシンガポール、中国、日本、韓国、ベトナム……に広がる。同時にまたGoldlinksは各新興マーケットの応用エコロジーについても布石を広げており、中でもベトナムを代表とする東南アジアの新興マーケットは、Goldlinksグローバルゴールドマーケット発展戦略の重要な一環だ。

東南アジアマーケットは膨大な人口基数、スマートフォンの保有台数及びオンライン使用率、急速な経済発展により、またブロックチェーンが加速するデジタル経済のモデル転換に対する東南アジア地域政府の開放的態度のメリットを受け、デジタル経済が勃興し、勢い良く発展しつつある。ブロックチェーンとデジタル通貨業界の発展状況も良好だ。

巨大な潜在力を秘めた東南アジアマーケットに対して、Goldlinksはその応用場面を徹底的に掘り下げ、開拓を進めている。現在までのところ、Goldlinksグローバルゴールドの東南アジアマーケットにおける応用場面はオンラインゲーム、海外旅行、新型小売消費等をカバーする。

東南アジアマーケットでの戦略的布石の進行に伴い、7月26日、GoldlinksグローバルゴールドのCEO欧陽贇はベトナムで開催された2019 Cointime Summitブロックチェーンフォーラムに出席し、「デジタル金融システム下における信用の本質の回帰」をテーマに魅力溢れるスピーチを行うとともに、ブロックチェーン技術と応用エコロジーのレイアウトについて自らの見解を述べた。

「ブロックチェーン技術は具体的なビジネスシーンに応用されることではじめて、その技術的価値を実現することができる。デジタル経済時代のビジネスシーンは、いずれも整備されたデジタル金融インフラ上に構築されるべきであり、またデジタル経済システムを運用するためには、価値の流通と交換ツールとしての機能を備えた媒体が必要だ」欧陽贇は、この媒体は安定したハード通貨と呼ぶこともできる、と述べた。

現在主流の安定通貨には以下のようなものがある:法定通貨担保型、バーチャル資産担保型、現物資産連動型及びアルゴリズムメカニズム。

欧陽贇は、ビットコインは偉大な発明であり、最終的には価値が安定するだろうが、少なくとも2140年に全てのビットコインがマイニングされ尽されるまで待たねばならず、それまでは安定した価値交換ツールとするにはふさわしくない、と考える。アルゴリズム型の安定通貨の中央銀行の通貨の新規創造・供給規則を踏襲した理念は美しいけれど、内在する“デス・スパイラル”を克服するのは困難で、その実用性はまだ検証されていない。バーチャル資産抵当方の安定通貨は、その抵当物自体の価格変動が大きいために、保有者は常に荷繰りを繰り返し、高額の費用利用率を支払ってその価格の安定を維持せねばならず、これもマーケットの需要に見合うものではない。

法定通貨担保型の安定通貨は、USDTのように米ドルのみに連動していようが、Libraのように様々な通貨を備蓄資産として選択しようが(Libra責任者David Marcusの発表した情報によれば、含まれるのは米ドル、日本円、イギリスポンド及びユーロの4種類の通貨のみ)、多くの主権通貨が相対的に弱い国家及び人民にとっては、最も公平で、最も簡便な選択とは限らない。

現物資産連動型の安定通貨の中では、金安定通貨は最も公平で、よりグローバルな流動性を備えた解決案ではないだろうか。

金は世界的な取引ツール、富の計量基準として数千年の歴史がある。人類が「金本位制」を離れて、まだ数十年に過ぎない。しかし人為的に通貨的属性を剥奪されたこの数十年においてもなお、金は一貫してインフレへの対抗手段であり、経済の衰退ひいては金融危機に対応する最終的なリスク回避ツールであり、最も典型的な富のキャリアーだとみなされてきた。

これについて、GoldlinksグローバルゴールドCEOの欧陽贇も今回のフォーラム上で語った。金は自然に価値の共通認識を備えており、ブロックチェーン技術は分散化した信用を創造する。このため金とブロックチェーンにより二重に信用を裏書されており、ゴールドデジタルトークンの共通認識は、最も基本的で最も普遍的なものである。

Goldlinksは現物の金資産に基づき、ブロックチェーンを利用して金をバーチャルに分割し、チェーンに反映して、金の安定トークンGGC(Global Gold Coins)とし、金をデジタル化、トークン化したものだ。

金は世界的に共通した富の保管及び価値の計量通貨ツールであり、国境は流通の障碍とはならず、主権信用リスクを恐れる必要は無く、また為替レートの変動リスクもない。デジタル化、トークン化したゴールドGGCは、現物金の分割及び携帯の不便性というデメリットを解決し、金庫に眠っていた「沈黙資産」の金を、ブロックチェーン上で自由に流動する資産に変え、金の通貨機能をあらためて活性化させることができる。

Goldlinksが構築するデジタルエコシステムにはGGCというゴールド安定通貨が必要だが、プロジェクトコミュニティの構築と各者の参加には、権利確定、奨励ツールとしてのコミュニティ管理トークンが必要であり、コミュニティトークンGGT(Global Gold Token)はこの必要性により生まれた。GGTはGoldlinks全プロジェクトのビジネス価値を代表する。「ゴールド安定トークンGGC+コミュニティ管理トークンGGT」のデュアルトークンメカニズムのもとで、GGCの流通と応用によりGGTの価値が上がり、GGT価値の上昇はGGCの発展と普及を促進する。二者は良性の螺旋式上昇構造を形成するのである。


Embracing Southeast Asia: The Trend Toward Diversified Digital Ecosystems

Summary: In recent years, a growing number of blockchain projects have been drawn to Southeast Asia, a region known for its vast market and crypto-friendly jurisdictions. Goldlinks already offers cross-border tourism, online gaming, and cross-border e-commerce solutions in the region, and has recently been growing its ecosystem in this important emerging market.

Main body: The digital currency industry has entered a period of explosive growth. Goldlinks is capitalizing on this momentum by accelerating its global expansion and rolling out new applications, establishing a footprint across Singapore, China, Japan, South Korea, and…


On 15th July, Goldlinks officially released the new 2.0 version of the Whitepaper, scaling new height for its brand strategy.

As the demand for a digital currency with stable value is urgent and ever-increasing, Goldlinks strives for bridging the traditional financial system and the digital world. Based on the consensus of the identification of gold, Goldlinks issues GGC, the universal anchor of value in digital world, and builds a digital financial infrastructure, and expands the Goldlinks application ecosystem to actively address the opportunities and challenges in the digital economy era.

The upgrading of Goldlinks brand strategy mainly covers the following…


7月15日、Goldlinksグローバルゴールドは、白書 2.0 版を正式に発表し、ブランド戦略のバージョンアップを実現しました。

マーケットでは、価値が安定したデジタル通貨が切実に求められています。Goldlinksは伝統的な金融システムとデジタル世界を融合し、金の価値という共通認識に基づいて、デジタル世界の価値基準物となるGGCを打ち出し、デジタル金融インフラを構築するとともに、これらに基づいてGoldlinks応用生態圏を広げ、積極的にデジタル経済時代のチャンスとチャレンジに対応しています。

今回のGoldlinksブランド戦略のバージョンアップは、主に以下の数方面をカバーしています。

1. デジタル世界の価値基準物となるGGC、デジタル文明の基礎を構築

黄金にむけられる人類の承認と信頼。その天然かつゼロコストの信用はたやすく超えられるものではありません。

Goldlinksはブロックチェーン技術を利用して金をバーチャルに分割し、金資産のデジタル化、トークン化を進め、デジタル世界の基本価値の基準物 — — GGC(Global Gold Coins)を創造しました。天然通貨としての金の属性を新しいデジタル文明世界に回帰させます。

GoldlinksGlobal

Official Goldlinks Medium account. The most accurate and up-to-date source of announcement, news and commentary about #Goldlinks, #GGC and #GGT.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store