在留資格「日本人の配偶者等」の更新手順まとめ

昨年の話になってしまいますが、相方の在留資格の更新をしましたので、その手順をまとめておきます。

おそらくみんな同じかと思いますが、「日本人の配偶者等」の在留資格は、初めて申請した際は、1年間の許可しかおりません。そのため、通常1年後には更新手続きが必要になります。

いつから更新できるのか?

在留許可の更新ですが、在留期間満了の3ヶ月前から更新手続きを行うことができます。

問題がなければ2週間ほどで結果が出ますが、追加資料などを要求されると1ヶ月くらいかかることもあるようなので、早めに申請はしておきたいところですね。

もちろん、滞在許可が満了を迎える前に更新の申請さえしていれば、満了日までに結論が出なかった場合でも日本に滞在できますし、満了日から2ヶ月の間であれば、みなし入国許可により、出入国が可能となっています。

みなし入国は、入国管理局によって下記のように規定されています。

みなし再入国許可とは,我が国に在留資格をもって在留する外国人で有効な旅券を所持している方のうち,「3月」以下の在留期間を決定された方及び「短期滞在」の在留資格をもって在留する方以外の方が,出国の日から1年以内に再入国する場合には,原則として通常の再入国許可の取得を不要とするものです。

また、入院や長期出張等でその期間に更新できない場合は、3ヶ月以前に申請を受け付けてくれる場合もあるので、事前に管轄の地方入国管理官署に相談してください。

申請方法

申請者

申請できる人は、下記の人です。

  1. 申請人本人
  2. 代理人(申請人の法定代理人)
  3. 取次者(弁護士、行政書士など)

上記2及び3の人が申請人本人に代わって申請する場合は、申請人は申請時に同席する必要はなく、日本に滞在していることだけを求められます。

また、在留許可がおりた場合、在留カードの受け取りも、上記の人のみが受け取りできます。

申請料

収入印紙4000円分になります。

それを手数料納付書に貼り付けて提出します。

提出書類

下記書類を揃えて、管轄の地方入国管理官署に提出します。

受け付け時間は、平日9時から12時及び午後1時から4時となっていますが、念のため管轄の入国管理官署へ問い合わせたほうが無難だと思います。

  1. 在留期間更新許可申請書
  2. 写真1枚(40mm×30mm)
  3. 現時点で持っている在留カード
  4. パスポート
  5. 身元保証書

1の申請書と5の身元保証書は、法務省のサイトからダウンロードできます。

私の場合は、相方の身元保証人は私ですので、私の名前、住所、電話番号、勤務先などを記入して提出しました。

在留カードとパスポートについては、持っていると思いますので、それを持参するだけです。ただし、パスポートを更新中などの状況で手元にない場合は、なぜ提示できないのか理由書を提出する必要があります。

この時点では申請料を支払う必要はなく、あくまでも申請が通って許可がおりた時点で支払います。

審査結果

審査結果は、2週間から1ヶ月ほどでハガキで送られてきます。

その中で、日時の指定(何月何日から何月何日まで)がありますので、その期間に再度入国管理官署に行って、送られてきたハガキを持って窓口で申請料を支払って手続き完了、新しい在留カード受領となります。

最後に

オーストラリアでは、ビザ申請はオンラインで完結していたので、わざわざ出向いて手続きをしなければいけないのは(しかも2回も行く)改善の余地があるのではと思いました。

1度目の更新では、在留許可される期間がまた1年という情報が多々ありましたが、やはり本当だったようで、今年また更新手続きをしなければなりません。。

それまでに、オンライン手続きにしてもらいたいと思いますが、絶対ならないでしょうね。

2度目の更新では在留許可が3年おりるという話もあるので、来年はきっとやらなくてよいはず…