豪住宅バブル2018年にもハジける??

今月初めくらいに出ていたニュースなので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、オーストラリアの不動産アナリシス企業のSQMリサーチが、2018年にもオーストラリア(シドニーとメルボルン)の住宅バブルが弾ける可能性が高まると分析しているようです。

ABC News

Home price surge could lead to 2018 bust, warns analyst

http://www.abc.net.au/news/2016-11-03/analyst-predicts-continued-home-price-surge-for-sydney-melbourne/7988778

今までも「弾ける弾ける」と言われ続けてきて弾けなかったオーストラリアの住宅バブルですが、今回の分析は当たるのでしょうか?

実際のところどうなんだろう?

この先住宅価格が上がり続けるということもあり得ないと思うので、バブルが弾けることを経験している日本人としては(とはいっても、子供だったので実体験はありませんが。。)、どこかで必ず下がるとは思いますが、オーストラリアの人たちは、下がることを経験したことがないので、「買わなきゃ損!」と言う感じで、あまり迷わず買っているみたいです。たしかに、実際に生活していた中で、下がりそうな雰囲気はまったく感じませんでしたし、過去に下がる経験もないですから、そうなってしまうのも頭では理解できますが、本当に大丈夫かと心配してしまうであろう私を含めた多くの日本人との違いを感じます。

私の知っている限りでは、年配の方で若い頃に家を買っていた人の中には、子供も大きくなって家を出てしまっているので、今の家を売って小さい家に引っ越すということをしている人が多くいます。

今ある家を売るときに高値で売れるため、夫婦2人用なんかの小さめの家を買ってもプラスになり、その分を投資に回したりして、裕福に暮らしています。自分の子供が家を買うのをサポートしたりするのもよく見られます。

移民1世の人たちは、自国で家族が富裕層ということでもない限り、こういったサポートがなかなか受けられないため、家を買うのにかなり苦労していますし、買えても小さい家になってしまったり、実際買えない人も多くいるようです。(私も買えないうちの1人ですね。。ホントに高過ぎですよ…)

さいごに

いずれにしても、今の状態が続くとオーストラリアでの家の購入はなかなか厳しいので、価格が下がってくれることは大歓迎です。絶対に家とその値段が合っていないと感じますしね。

しかし、バブル崩壊の時のように、いきなり下がると色々なところで問題がありそうな気がするので、来年くらいから少しずつ下がってくれると、個人的には嬉しいのですが、記事によると2017年も価格上昇しそうな感じですので、様子を見ながらどうしようか考えようと思います。

きっとだれも正確には予測できないでしょうしね。

Like what you read? Give Hidehiko Koyata a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.