お仕事の百貨店

皆さんおなじみの百貨店。どこへ行ってもビルの中じゅう婦人服・雑貨を売る店ばかりがぎゅう詰めになっている。こんな中を歩いていると不思議な感覚になってします。要するに全て「お金を使わせる場」ばかりなのだ、どうして「お金をもらえるお店」と言うのが無いのかどうも納得がいかない。

百貨というのだから何かに関することが数多く集まっている場所というコトなのだろうと思う。ユーザのニーズを良く考えればお金を使う事があれば、お金をもらう事も重要なニーズだと言えるのではないか。ということで、色々な(百貨)仕事をしてその場でお金を稼げる百貨店という場があっても良いんじゃないか? そんなアイデアが生まれてきた。

百貨店の様に、ビル内に色々な仕事場が仕事単位のお店(職場)が入居している。来訪者(仕事をしたい人たち)は、自分の都合のつく時間帯で自分の能力を発揮できるお店で可能な時間そこで仕事をして、仕事をした分の収入を得てもらう。それが基本のアイデアだ。仕事の内容は千差万別で良いのではないか。

色々なベンチャーの仕事を見ていると、上記したような働き方であっても十分こなせる様な仕事の分割・再組み立てがITを使う事で可能になってきており、情報セキュリティとか個人情報とかの従来からの懸念事項はほぼ解決されている。そういう状況から勘案すれば、ポッと飛び込みで来た人に仕事をして貰っても特段の支障のない仕組みが提供できるであろう。むしろビルオーナーにとっては全く新しいテナントの勧誘のし方であり、かつ新たな収益源になるのではないであろうか。

我が国の労働人口が減少に歯止めが掛からないで現状を勘案すると、あらゆる方法で労働人口を確保する事が必須の条件だ。町中を歩いている人も無益に時間を浪費することなく、時間が余ったら労働力として経済の活性化に参加してもらいたいと思う。そんな思いがこんなアイデアに結びついている。まだ思いつきの段階にすぎないが、関心のある方との協業を期待している。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.