[日記]2/15

一人になった時にもやもやと考え続ける癖

が,あります。

割と昔からひとりでいることが好きで(というか,むしろひとりでいることを選んでいるのではなく,特に知らない人と無理して一緒にいる事がつらいっていうことへの消去法として。普通に友達といるのは好き。大好き。),人と話さないときって結構暇じゃないですか。その時ってものすごく妄想にふける,というかもやもやと考えることが多い。

けど考えていることのおおよそは支離滅裂で意味のないこと。最終的な結論にはたどり着かないし,文章にして,考えを整理するとものの3行ほどで終わってしまったりする。

まあそういうこともあってこれを書こうと決めたんだけど。考えたことを整理して無駄にしないためにも。忘れないためにも。

ということで,昨日あったこと。

大学落ちた。日本死ね。(冗談)

いやむしろ私が死んでくれ。早々に死ぬ方法を検討してくれ。

ってだいぶ前にもう考えてたし,検討した結果,失敗して後遺症が残ったら嫌だな…と思って(あと勇気がなくて),やめたんだけど。

というか大学落ちたという話においてはもっともっと前から落ち続けているし…今のところ落ち続けているし,成功したことがないから何の自信もなく,もう心が折れそうなんだけれども…。けどするしかないんだけど…。

私よりも点数が低い子が私の行きたい大学に行けてしまうというのが悲しい現実なんだな…何を言っても努力が足りなかった私のせいなんだ,それは,分かっているけど…。

第一志望じゃなくても,国公立を受けられるだけ幸せなんだと思うようにしとこう。頑張らなければ。

人と接するのが苦手になりつつある。

友達と話すのは大好きなんだけど,自分の許していない人にものすごい仲良くなろうと話しかけられるのが最近極端に苦手。特に男の人。偏見なんだろうけど,なんかこう,ものすごく言い方きついし,何考えてるか分からないところが怖い。傷つけられそうだから,仲良くなりたくないんだよね。

雑誌とかで見ている分についてはすごくかっこいいし,憧れたりするけど,実際に会って話されたら結局無理だ!あっちいけ!ってなってしまうのかな。んー,そんなことないのか?

女の子なら普段では特にそんなこと起きないし,なんなら最近女の子を普通に恋愛対象なのかなとかも思ってきたしなんだか複雑。

しかも時々ものすごく無理ってなる瞬間があってその時は人の形を見るのも嫌になってしまう。本当に部屋で一人になるしかない。

こういうのって他の人にはなかなか分かってもらえないことなんだろうな。「痛いこと言ってんなよ」って感じなのかもしれないな。

いやでも,たぶん今後こういうのって不便になっていくだろうから,なるべくこういうのを直していきたいなーと思う

少しずつ自分のことを分かっていきたい。

きれいに食べてください

クチャクチャ食べる人に聞きたい,なんで口を閉じて食べることができないのか?

身内にそうやって食べる人がいて,一度言われたんだけど,「おいしそうに聞こえない?」って言われた。いやむしろ食欲減退するからそれ。

人によるのかもしれないけど…。

特に無音空間で誰かと食べるのとかも論外だし。テレビとか,他のことでわいわい話しながらとかじゃないと本当に無理なんだ。

私とことんダメな奴だな。もっと人と仲良くしろよ,だから推薦落ちるんだ。

満員電車

昨日はJRが人身事故で止まっていて,遠回りをして帰ったから,もやもやと考えて帰ってた。…なんで満員の電車で乗れない人がいるのに,真ん中の方の,出入り口から遠いところにいる人たちはつめようとしないのかな。

相手が大人だからそんなことは言うことができないんだけど,私が大人になっても,そんな人にはならないでおこうと思った。反面教師。

東京タラレバ娘

めっちゃおもしろい。昨日の分を今みました。

本当にリアルで(いやバンドマンの彼氏はかなり少ないとは思うけど,セカンドとかはありそう,てかある。笑),共感できる。

特に今日の分では倫子の逃げ道論。

きっと恋人がほしいっていうのは,自分のことを認めてくれる場所がほしいってこととなかなか似ているのではないかなーって私は思っていたから。認め合って,支えあうことができる。そんな居場所がほしくて,恋人が欲しいのでは?…アクセサリーみたいに恋人を欲しがっている人は知らん。

あと,小雪さんの不倫相手への別れを告げるところも良かった。嫌い,最低(みたいな)と,相手をけなすような,自分が相手に対して取らなければならない態度と,自分の心が一致しない…。そんな複雑な乙女心,共感できる!

来週も楽しみに待ってます。

まとめ

こうしてみると本当に何もしてないし,何も考えていないな。その割に文字に起こすのに時間がかかっているな。

今日は意義のある日にしよう。何か成長しよう。

明日の予定:

映画を一つ見る(ワンデイ)。

勉強する。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.