20 代の働き方・経験の積み方 #IVS

【IVS Spring WorkShop@SFC】セッション1「20 代の働き方・経験の積み方」

IVS Official
Apr 19, 2014 · 6 min read

本日(4月19日)開催中の「IVSスプリングワークショップ2014 in SFC」の記念すべき第1セッションは、「20 代の働き方・経験の積み方」からはじまりました。

本セッションは、スピーカーに、グリー株式会社 取締役 執行役員 荒木 英士 氏、コーチ・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 有安 伸宏 氏、株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員 ゲーム第一本部長 赤川 隼一 氏、株式会社ワンオブゼム 代表取締役社長 CEO 武石 幸之助 氏を迎え、モデレーターはインフィニティ・ベンチャーズ LLP 小野 裕史が務めました。

以下では、セッション1「20 代の働き方・経験の積み方」の様子をお伝えいたします。

ー 【学生】から【ベンチャー】へ進むことになったきっかけを教えてください。

■ グリー株式会社 取締役 執行役員 荒木 英士 氏

学生時代から【ベンチャー企業】に参画していました。SFC入学当初から、「SFCでしかできないバイトをしたい」と考えていて、あるベンチャー企業の面接を受けたことがきっかけでした。このベンチャー企業にアドバイザーとして参画していたのが、Cyta.jp創業者の有安さんでした。

その後、参画していたベンチャーが事業を売却し、2005年にSFCを卒業し、グリーに入社しました。当時のグリーの従業員数は5名でした。

■ コーチ・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 有安 伸宏 氏

SFCに入学当初は「自分には何ができるのか」が分からずに焦りはじめていましたが、金子ヨウゾウさんと出会い、「一緒に何かやろう!」となったことがきっかけで、1年生のおわり頃に起業しました。

■ 株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員 ゲーム第一本部長 赤川 隼一 氏

SFCの学生時代から、周囲には「起業したい」方々はいましたが、自分の友達にはおらず、バイト先もラーメン屋でした。

しかし、SFCの授業でグリーのローンチを目の当たりにした際に、【インターネットのすごさ】に衝撃を受け、【同じ大学の方がサービスの制作をしていること】に非常に大きな刺激を受けたことがきっかけでした。

■ 株式会社ワンオブゼム 代表取締役社長 CEO 武石 幸之助 氏

SFCの学生時代の当時、周囲は【The 就活】をしていて、多くの方が放送関係の業種に就職を決めていました。それならば、【彼らとは真逆な事をしてやろう】と思ったことがきっかけで、ベンチャーに進みました。

ー 様々な選択肢がある中でどのような【基準】で【ベンチャー】を選びましたか?

■ グリー株式会社 取締役 執行役員 荒木 英士 氏

私にとっては、自分自身が【おもしろい】と思えるかどうかが非常に大事なことでした。当時、ベンチャーで働きだしてからは、「とにかく働くことがとても楽しい」と感じていました。

一方で、もちろん左脳では【ベンチャーで働くことのリスク】も考えていましたが、当時のグリーは上場直前期でもあり、とても魅力的でした。

■ コーチ・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 有安 伸宏 氏

私がベンチャーを選んだ基準は【直感的な部分】が大きくありました。私は左脳と右脳で分けて考えていますが、【どの選択が自分の人生として納得できるか】を常に考えています。

■ 株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員 ゲーム第一本部長 赤川 隼一 氏

私は学生時代からずっと【音楽】が大好きでしたが、とことんコミットしたかというとコミットはしていなかったように思います。【もしここで変わることができなければ、私の人生は変わらないかもしれない】と思っていたときに、ディー・エヌ・エーの社長やメンバーと出会いました。【ベンチャーの道】を選びました。【おもしろい環境にいると、おもしろい出会いがある】と思いますね。

■ 株式会社ワンオブゼム 代表取締役社長 CEO 武石 幸之助 氏

私は大学院に3年間いたのですが、当時の就活を思い出すと、2年時は大企業ばかりを受けていました。

しかし、周囲の方々に「武石くんはここの企業ではない」と言われたことがきっかけで、【自分のスタンスと大企業のギャップ】を感じました。その時に、サイバーエージェントと出会いました。サイバーエージェントには【自分がしたいことを実現させてくれる環境】があり、感動したことが、今の【ベンチャー】への選択につながりました。

ー どのような【経験】をすべきでしょうか?

■ グリー株式会社 取締役 執行役員 荒木 英士 氏

【やらざるを得ない環境】へ行くことが大切だと思います。あえて【自分ができない環境】に進むことで、しばらくは大変な状況が続くこともありますが、そのうち【できなかったことができるようになる】という成長を経験できると思います。

■ コーチ・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 有安 伸宏 氏

私には様々な分野で【向上心】があり、たくさん【勉強】をしてきましたが、机上の勉強だけではあまり意味がないと思っています。寧ろ、【アクションしている方のそばにいること】の方がとても勉強になります。【人、経験、本】から学ぶ中で、最も勉強になることは【経験】だと思います。

■ 株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員 ゲーム第一本部長 赤川 隼一 氏

【今の自分では少し無理な環境】に、背伸びをして身を置き、過剰な経験をすることがよいと思います。はじまから起業家も【スーパー社長】というわけではなくて【なんとか応えるべく必死になった結果】が現在に至るのだと思います。

また、【責任を負う】ことが大切です。自分で問題定義して仕事をまわせていける方もいますが、他人に対する責任を経験することも重要です。【どうにかして次に繋げなければいけない】と思い、がんばれる瞬間がある環境は最高だと思います。

■ 株式会社ワンオブゼム 代表取締役社長 CEO 武石 幸之助 氏

【自分が決めたことを守り、自分の決断をやりきる】ことを経験することが重要だと思います。これは、【自分が強くないとできないこと】でもあります。私は、目の前でサイバーエージェント藤田社長の【覚悟】をみてきて、藤田社長の【何事もやりきる姿】をみてきました。【目標】をもちながら、働くことがとても大事だと思います。

    IVS Official

    Written by

    IVS公式アカウント #IVS