#IVS 2015 Fall Kyoto Launch Pad、結果発表

12月8日より「CHANGE(変革)」をテーマに開催しております、「IVS 2015 Fall Kyoto」。最終日となる本日(12月9日)は「IVS 2015 Fall Kyoto Launch Pad」より幕を開けました。

今回の「IVS 2015 Fall Kyoto Launch Pad (以下、「Launch Pad」)」で栄えある優勝を飾った企業は、【株式会社農業情報設計社】の【世界中の農業機械の運転をアシストするトラクター運転支援アプリ「AgriBus-NAVI」】でした。

以下、今回の「Launch Pad」の上位1位〜5位をご紹介します。

1位 株式会社農業情報設計社、世界中の農業機械の運転をアシストするトラクター運転支援アプリ「AgriBus-NAVI」

2位 株式会社ステイト・オブ・マインド、みんなの「縫って!」を実現する、縫製マッチングプラットフォーム「nutte」

3位 弁護士ドットコム株式会社、日本初のウェブ完結型のクラウド契約サービス「クラウドサイン」

4位 株式会社ディー・エヌ・エー、”乗ってみたい”に出会えるカーシェアアプリ「Anyca (エニカ)」

5位 Repro株式会社、モバイルアプリの課題の発見から解決の方法まで「を」ワンストップで提供する「Repro (リプロ)」


今回のLaunch Pad」の登壇企業、審査員の皆様、そしてスポンサーの皆様をご紹介いたします。

◯ 登壇企業 (登壇者名)、「サービス名」

株式会社wizpra (今西 良光 氏)、エモーショナルテクノロジーでサービス業を変える「wizpra NPS (ウィズプラエヌピーエス)」
弁護士ドットコム株式会社 (元榮 太一郎 氏)、日本初のウェブ完結型のクラウド契約サービス「クラウドサイン」
Repro株式会社 (平田 祐介 氏)、モバイルアプリの課題の発見から解決の方法まで「を」ワンストップで提供する「Repro (リプロ)」
株式会社Z-Works (小川 誠 氏)、自宅見守りIoTサービス「LiveConnect」
株式会社農業情報設計社 (濱田 安之 氏)、世界中の農業機械の運転をアシストするトラクター運転支援アプリ「AgriBus-NAVI」
株式会社ディー・エヌ・エー (大見 周平 氏)、”乗ってみたい”に出会えるカーシェアアプリ「Anyca (エニカ)」
株式会社ミナカラ (喜納 信也 氏)、自宅に薬がやってくる「おくすり宅配」
クービック株式会社 (倉岡 寛 氏)、サロン・マッサージの当日・前日予約「Popcorn (ポップコーン)」
株式会社Spectee (村上 建治郎 氏)、AIエンジンによるリアルタイム・ニュース映像配信プラットフォーム「Spectee」
スカラインターナショナル株式会社 (本間 佑史子 氏)、下着のオンラインフィッティングサービス「FITTY (フィッティー)」
株式会社g&h (鈴木 竜太 氏)、好きな写真・デザインを、好きなグッズで「Partee (パーティー )」
株式会社FUN UP (山口 絵里 氏)、スマホで欲しいがつくれる、買えるモノづくりマーケット「monomy (モノミー)」
株式会社ライフスタイルデザイン (森 雄一郎 氏)、あなただけの1着がつくれる、カスタムオーダーのファッションサービス「LaFabric (ラファブリック)」
株式会社ステイト・オブ・マインド (伊藤 悠平 氏)、みんなの「縫って!」を実現する、縫製マッチングプラットフォーム「nutte」

◯ 審査員

グリー株式会社 取締役執行役員 荒木 英士 氏
株式会社リクルートライフスタイル 主席研究員 加藤 史子 氏
株式会社ディー・エヌ・エー 顧問 川田 尚吾 氏
東京大学 准教授 川原 圭博 氏
株式会社セプテーニ・ホールディングス 代表取締役社長 佐藤 光紀 氏
スマートニュース株式会社 代表取締役会長 共同 CEO 鈴木 健 氏
takram design engineering 代表 田川 欣哉 氏
グーグル株式会社 製品開発本部長 徳生 裕人 氏
株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子 氏
株式会社オプトベンチャーズ 代表取締役 野内 敦 氏
GMO インターネット株式会社 取締役副社長 安田 昌史 氏
株式会社メルカリ 代表取締役社長 山田 進太郎 氏
株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 CEO 吉田 浩一郎 氏

◯ スポンサー

全日本空輸(ANA)
SoftLayer 日本アイ・ビー・エム
アマゾンウェブサービスジャパン
Google
freee
Paypal
AppAnnie
野村不動産


いかがでしたでしょうか。早朝から「Launch Pad」に会場にてご参加いただいた皆様、YouTubeのライブストリーミングよりご視聴いただいた皆様、誠にありがとうございました。12月8日・12月9日の2日間で開催されます「IVS 2015 Fall Kyoto」のセッションについては、一部オフレコなものを除き、IVS公式アカウントのMedium(medium.com/@ivs_official)にて記事をご紹介していきたいと思っております。引き続き、セッションをお楽しみくださいませ。