IndieSquareとEverdreamSoftの業務提携と人気カードゲーム「Force of Will」のカウンターパーティプロトコル利用決定のお知らせ

世界初のモバイルカウンターパーティウォレット「IndieSquare Wallet」と開発者向けのAPIを提供する株式会社IndieSquareが、Spells of Genesis(SoG)でブロックチェーン上のゲームアイテムのトークン化の領域のパイオニアになったスイスのゲーム会社EverdreamSoftと業務提携し、ビットコインのブロックチェーン上のトークンを利用したブロックチェーンゲームをゲーム開発者や企業がより簡単に安全に作ることができるプラットフォーム開発に取り組みます。プラットフォームの公開は2016年9月中に予定されています。

また、世界30カ国以上で販売される日本発のカードゲームで、全世界10万人以上のプレイヤーを熱狂させた大ヒットカードゲーム「Force of Will」(FoW)の初のオンラインシミュレーター「Force of Will Battle Simulator」が今年9月のリリースと同時に、IndieSquareとEverdreamSoftが共同で提供するプラットフォームを利用することがすでに決まっています。FoWは北米玩具売上ランキング四位の人気を誇るタイトルで、SoG同様にシミュレーター内のカードをカウンターパーティトークン化することで、プレイヤー同士のブロックチェーン上での安全なカードトレードなどが可能になります。

Force of Willのカードイメージ。オンラインシミュレーター上のカードはトークン化され、物理的なトレーディングカードゲームに近い感覚でブロックチェーン上でユーザー同士でトレードしたり、発行枚数を制限したりすることが可能になる。

ゲームアイテムをブロックチェーン上のトークン化することで、プレイヤー同士のゲームアイテムの安全なP2P分散トレードが可能になるだけでなく、発行枚数がブロックチェーン上で限定された希少なデジタルアイテムを発行したり、複数のゲーム間もしくはゲーム領域以外のアプリケーションでオープンに使用可能なゲームアイテムを作り出すことが可能で、新しいゲームの形、ゲームアイテムとプレイヤーの関係を生み出すことができます。このような動きはすでに一部形になってきており、IndieSquareのAPIを利用することで、SoGのトークン化されたカードがSaruTobiなどの別のゲーム内で使用可能になったり、位置情報を利用したアプリtakaraでは、地図上にSoGのカードを落としてプレイヤーが実際に拾ったりすることが出来るようになっています。

今回の提携で、IndieSquareが独自のノウハウで構築したカウンターパーティAPIサービス、EverdreamSoftがSoGの開発を通し培った開発者用のトークンマネジメントダッシュボードが組み合わされ、トークンを利用した全く新しいブロックチェーンゲームというトレンドががさらに加速することになります。

ゲームプラットフォームに関する詳細は後日発表されますが、9月のリリース時にはゲームアイテムに特化したコレクションモバイルウォレット、ゲーム開発者用のトークン管理ツールなどが公開される予定です。