S-chop(スコップ)へのブロックチェーン技術提供について

IndieSquareはスコップ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:住田 賢司)へ技術提供を行い、自撮りでお金が貯まるスマートフォンアプリ「S-chop(スコップ)」と連携、IndieSquare Wallet上で「自撮りトークン」を扱えるようになります。

S-chopは、自撮り写真を投稿すると広告主から報酬を受け取れる仕組みですが、今回の技術提供で自撮り写真に対応するトークンの発行、購入、分配などが可能になり、ユーザー利用の活発化、トークンを起点とした新しいコミュニティーの構築など様々なベネフィットが見込めます。

今回の連携には、ビットコインブロックチェーン上に独自のトークンを展開するCounterpartyプロトコルを利用した弊社のIndieSquare API及びSDKが採用されています。IndieSquare APIは、ビットコインアドレス内の残高、送受信履歴の取得機能や、トークンの発行、送受信のトランザクション生成といった基本機能を標準で提供しており、さらにSDKはそれらを内包し、iOSやAndroidアプリ、HTML5等のWebサービスからの呼び出しに対応、他IndieSquare walletへの画面遷移やトランザクションへの署名要求等も含め安全かつ簡単にトークンの扱いを既存サービス上で開始できるようになっています。

今後もIndieSquareでは、随時機能の拡充や強化を行い利便性を高め、サービス開発者の方々へ提供して行きます。

IndieSquare API ドキュメント
https://developer.indiesquare.me

S-chop(スコップ) アプリ
公式ページ : https://s-chop.me
iPhone: https://appsto.re/jp/ycPPdb
Android: http://bit.ly/2c01Iwp

今回のアナウンスに関するお問い合わせ、IndieSquare API/SDKに関しては support@indiesquare.meまで