面接で最もありがちな失敗とその対処法

よく面接していると、こんな場面があります。

企業:(面接の最後に)何か質問はありますか?
応募者:ありません。

これは非常に残念な例です。

なぜなら、これはあなたがその企業を知る非常に良いチャンスだからです。

面接とは、企業があなたを知る一方的なものではなく、あなたが企業を知る機会でもあります。あなたが企業が提示する基準を満たさなくてはならないのと同じように、企業側もあなたの求めるものや基準を満たさなくてはならないのです。

例えば、面接官に「あなたの仕事で一番好きなことは何ですか?」と聞いてみてください。

もし彼らが答えられなかったり、あなたにその質問をしたことを後悔させるようだったら、入社は考え直した方がいいでしょう。

面接で沢山質問することは、あなたがどれだけその企業に興味を持っているかという意思表示になります。急成長している企業は、好奇心旺盛で、常に何かを学ぼうとしている人たちと働きたいと思っています。

先日、面接をしたインターン志望の学生からとてもいい質問を受けました。

あなたの仕事で最も大変なことは何ですか?

これは非常に素晴らしい質問でした。期待通りの答えができているといいのですが。

この記事を面白いを思った方は、ぜひご連絡ください。MakeLeapsもメンバーを募集しています。沢山質問してくれる方、お待ちしています!