思い出は少しでも多く残すほうが良い

17年一緒に暮らしたネコのキキが昨年、一足先に眠りました。それまでも、よくキキの写真は沢山撮ってきたけど、それでも少ないなぁ。もっと撮っておけば良かったなぁ。ビデオももっと撮っておくべきだったな。と、強く思うことがありました。ともに過ごした17年。あっという間。本当にあっという間だった。キキと過ごした日々はちゃんと心に強くありますが、それでも、写真や映像でキキを感じれる要素を、もっともっと残しておくべきだった。

そういうこともあって、家族や友人と過ごす、本当になんでもないことでも、ビデオや写真に残すようにしています。それでも、もっと形に残しておくべきだったなぁと思うのかもしれません。振り返る日がこないことが一番なのですが、そうもいきません。命ははかなくて、刹那なものですね。だからこそ、一緒にいるこの瞬間を大事にしています。

もうすぐキキの一周忌。今でもキキの写真を見返すことが出来ません。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.