とにかく雑に作れ
角 征典 (@kdmsnr)
1894

まずはやってみてから

私は工作の経験がほとんどない。折り紙や中学の技術科の工作くらい。

私は情報工学が専門だったのでソフトウェアを作ったことがある。Javaの勉強のために作った。IPOなどの基本的な設計だけした。

「雑に作れ」というのはアジャイル開発やプロトタイピングに似たようなことだろう。

コンセプトを決めたら取りかかってみる。やっているときに課題を溜め込んで、区切りがついたら見直してやり直す。PDCAというのはよく言われるが、やってみないと問題の本質に気づかない。机上の空論、絵に描いた餅である。

仕事では、規模の大きさからウォータフォールでやらざるを得ないが、結局微調整から仕様変更となってしまう。

大規模なものを作るときも、コアな機能はアジャイルで進めた方が余計なコストが少なくて済むような気がしているが、これも机上の空論である。