Unity5.5 楽しいパーティクルシステム エフェクト講座:②

パーティクルシステムの機能紹介:その2

第2回目は、パーティクルシステムのメイン機能(モジュール)についての紹介です。

パーティクルシステムには、沢山の機能(モジュール)が存在します。

画像(モジュールUnity5.5)

全ての機能を使いこなすには、多くの時間と試行錯誤が必要になります。

しかし、いくつかの機能だけでも様々な演出が作れるので安心して下さい!

画像(ピカーン)


まずは、基本的な「動き」「サイズ」「色」のコントロールから紹介していきます。

「動き」

動きは、Start Speedで変更できます。

Start Speedは、パーティクルの移動速度(初速)をコントロールします。

画像(スタートスピードのモジュール)

Start Speedの値を変えて、動きの変化を試して見ましょう。

値0

画像(スタートスピード0、パーティクルが全然動かない)

値1

画像(スタートスピード1、パーティクルがゆっくり飛んでいく)

値5

画像(スタートスピード5、パーティクルが早く飛んでいく)

この様に、Start Speedの値を変える事で、パーティクルの動きが変わりました。

「サイズ」

サイズは、Start Sizeで変更できます。

Start Sizeは、パーティクルの初期サイズをコントロールします。

画像(スタートサイズのモジュール)

Start Size の値を変えて、大きさの変化を試して見ましょう。

値1

画像(スタートサイズ1、パーティクルが小さい)

値3

画像(スタートサイズ3)

値6

画像(スタートサイズ6、パーティクルが大きい)

この様に、Start Sizeの値を変える事で、パーティクルの大きさが変わりました。

「色」

色は、Start Cororで変更できます。

Start Colorは、パーティクルの色をコントロールします。

画像(スタートカラーのモジュール)

Start Colorの値を変えて、色の変化を試して見ましょう。

色を変えるには、Start Colorの右にある四角い枠をクリックします。

画像(スタートカラー右の四角い枠)

すると、カラーを調整するためのウィンドウ(Color)が表示されます。

画像(カラー調整ウィンドウ)

このウィンドウは、RGBAの値やカラーコード(#000080など)、色相スライダーと彩度の領域などを調整して、色設定が出来ます。

画像(カラー調整ウィンドウの説明)

試しに、赤、青、緑に設定を変えてみましょう。

Start Color :赤

画像(スタートカラー 赤に設定)

Start Color :青

画像(スタートカラー 青に設定)

Start Color :緑

画像(スタートカラー 緑に設定)

この様に、Start Colorの値を変える事で、パーティクルの色が変わりました。

今回はここまで。

次回は、パーティクルの寿命について説明します。