山と暮らしとキミと僕の道 vol.3

コミュニティFMこそ、その地域の色が濃いですよね。プロフェッショナルな観点から行くと番組としてギリギリ成立してる感じのもよくあります。笑。パーソナリティやゲストの質、流れる音楽の質。でも、そういうのはあまり気にならない。その街の空気感を耳で感じることは色んな妄想を呼ぶからです。でも、いつの間にか電波が届かない街に入ってしまった瞬間にチューナーが自動サーチしてTFMの桑原りささんの番組 Day By Day が流れた時の昼下がりのスタイリッシュさと洗練された空気は尋常では無いけど。彼女がCM明けに言う『東京半蔵門からお送りしていますDay By Day』と言うセリフの都会感と声の柔らかさ。このセリフが導く景色が四季によって違って見えるのは彼女が質の高い仕事をしているからですよね。そして、半蔵門てどこだよ?歴史の教科書でしか聞いたこと無いよ。と、耳だけで聴くラジオと言うものは色々と想像を巡らせてくれます。仕事で何度も東京FMにはお邪魔してるのでブースまで判ってしまうんですが、まあ、なんともザ・東京な場所にあります。皇居の前ですからね。五感のうちの一つだけを使うのは想像力を繋いでいく条件かもしれないです。なので映画よりは読書が好みです。若いころは映画でしたけど、ある時に気付いたんです。五感で満遍なく感じてることによってそれぞれの『感』が楽をしてるなって。一つの感を追い込んでる時って集中力も増してるんですよね。続く