切っても切れない、『ファッション』と『LGBT』その1

ファッション業界、“ジェンダーレス”がトレンドに

こんにちは、LGBT総合研究所研究員 内野です!

ファッション好きの間では浸透しているワード、“ジェンダーレス”。
みなさんはご存知ですか?

文字通り、“男女の境界がない”ファッションスタイルのことです。
2年ほど前から、流行になりましたが今現在も多くのブランドでこのカテゴリーに含まれる洋服を見つけることができます。

イギリスの百貨店では、ファッションフロア全体をジェンダーレスなレイアウトに改装し男女一緒に買い物体験ができるような施策を行った大胆な例もあります。

上記の例では、キャンペーン動画にトランスジェンダーモデルを起用したこともありLGBTフレンドリーな理念が強く見える施策となりました。

Selfridges gender neutral キャンペーン動画

ファッションにおける男女性差を取り去るこのトレンド自体、LGBTがクローズアップされている今の時代において起こるべくして起こったものにも思えます。

実際、LGBT層は非LGBT層に比べ、ファッション分野の消費が高いことが分かっています。

弊社の調査を参照してみると、

出典:LGBT総合研究所「LGBT意識行動調査2016」2016年5月実施

以上のように、ファッションへの消費意向と1ヶ月の平均支出額でLGBT層が非LGBT層を上回っています。

さらに、大型衣装洋品店に絞った利用頻度でも同じ傾向が見られました。

出典:LGBT総合研究所「LGBT意識行動調査2016」2016年5月実施

これからの利用・消費意向と現在の利用頻度でも、LGBT層が非LGBT層よりも高い数値を出す結果が明らかになりました。

LGBT層のファッションへの高い関心にアプローチしている企業は、グローバルファッションブランドを中心に多くあります。

GAP

国内アパレル企業として、いち早くLGBTのサポート表明

American Apparel

日本国内でもLGBTサポートを表明するアパレルシリーズを販売

WEEKDAY

性に関する正しい知識の啓蒙活動を行うNPOとのコラボレーションを行い、同性カップルを含んだキャンペーン動画を制作

LGBTコミュニティーの強い関心からファッション業界との強い繋がりが明らかになりました。

LGBTフレンドリーであることは今や、非LGBT層の目にも好意的に映る重要な要素になりつつあります。
ファッション領域でLGBTフレンドリーな企業が今後も増えていくことは、業界全体の底上げになる可能性も大いに期待できるのではないでしょうか。

次回は、LGBT層のファッション意識から両者の強い繋がりのもう一つのわけを探っていきます。


弊社では、国内企業を対象としたLGBT関連プロモーションのご提案等も行っております。

お問い合わせはこちら http://www.lgbtri.co.jp/

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.