クローズ・リストとしてのたすくま

知的生活ネットワークに以下の記事を書きました。

マニャーナの法則を読んでいると,クローズ・リストへの言及があるたびに「たすくま」を思い出します。

たすくまは昨日の自分の行動をもとに,今日の生活の手順をしめしてくれるものです。

その手順書に,今日の行事や,あらかじめOmniFocusに放り込んでおいたタスクを加えた上で,もういちどそれら全部が24時間以内に収まるかどうかを確認し,収まらなかったら,時間を短くしたら,ばっさりとタスクを切ったりして,本当に実効性のあるリストをつくる作業を毎朝しています。「たすくまによる今日の計画」というタスクが私の毎朝最初のタスクになっています。

これがマニャーナの法則にあるクローズ・リストをつくることなのだ,というお話です。

実際,登場したその日に買って以来うまく使えなかったこのアプリですが,今年の1月から上のような運用をするようになってから私の「知的生活への希求」という生活の課題にとって必須アプリとなりました。

そんなことを書いてます。