サラリーマンとリモートワーカー

時代が大きく変わってきている。

鴻海(ホンハイ)に買収されたシャープですが、当初は雇用維持を言及していたにも関わらず、大幅な人員削減が行わるというニュースがありました。

昔はいい大学を卒業して、大企業に勤めれば安泰した人生を送られるとみんな信じていました。今は、大企業のリストラや不正による社長辞任が毎日のようにニュースを賑わせています。

それでもまだ大小に関わらず、企業に正社員として勤めることで、生活が保証されるという考えの方が大半のように思います。

いや、今はそういう時代ではない、と言う人でも、もし自分の娘がフリーランスの仕事をやっている男を連れきたら、結婚を渋る人は多いかもしれません。

一般的にはよくても、実際近い人のことになると容認できないのではないでしょうか。

でも考えてみてください。会社が潰れたり買収されたりすることは、いち社員では防ぐことはできません。しかし、自分で作り上げた仕事であれば、少なくともコントロールすることはできます。

脳みそから汗を出すぐらいに頑張って働いたら、何かと結果は出るのではないでしょうか。それでもダメだったら、とりあえずフリーターの仕事をすればいいでしょう。

もちろん、向き不向きがあるのでみんながみんなに適応する方法だとは思いません。

人によっては、農業をやって自給自足で生きる生活がフィットすることもあるでしょう。カフェやブティックを経営してみたり、ネットに自分で作った商品を販売したりするのもいいでしょう。

自分にとって心地よいことができれば、少しぐらい辛くても苦にならないものです。

ちなみに私は、ほそぼそと自営業をやっているのですが、悪いときもいいときもあります。でも、自分でコントロールできるので、気に入っています。

近ごろは、リモートワークを構築したいと考えています。

小さいながらも自分が世界のどこにいても、ビジネスを動かせると自由な時間ができ、視野が広がります。

時代の波に乗り遅れないように、自分がやりたいことのちょっと先を見て、人生の路を歩いていきたいと思います。

もしあなたの心のどこかに引っかかりがあったら、♥をクリックしてください。

Like what you read? Give Mayumi B a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.