Stupidity


前回の記事で、私は、自分の好きな色でいたいとまとめたが、それでは自分の好きな色とはどういった色なのか。

結果思うところ、私は、いつも何かに悩んでるのが好きなのかもしれない。

全く変わっている性格だが、そういう事なのだ。

ある時、そんなわけはない。と否定してたが、そんなわけはあった。

歳上になって、自分を少し客観的に見れるようになった。

自分が悩んでいることは、悩むべきことではない。風に流すべきことなのだ。でも、引っかかる。

暇だから、引っかかる。

うまく行き過ぎてるから引っかかる。

それを友人に言うが(悩みとして)、言っていて、全く悩んでいない自分を知る。

愚かすぎる。愚かすぎて、心で自分を笑う。

そうなった場合は、そういう自分がいるのだと思っていよう。直すわけではない。観ている。そして、ただ思う。


あー、まゆにゃんバカだな。と。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Mayunyan’s story.