本屋さんが好きな理由がわかった。

本屋さんで手にする本が自分の心の中を表してる。

最近は、やりたいことをやるとか、未来の作り方とか、決断する力とか、やりたいことをやって幸せを引き寄せる力とか、海外で働くとか、自分の未来は自分で決める系の本を読んでて、なんか気づいた。

やっぱり何より重要なのは、

【お金とか時間とか環境とか全部無しにして、なんでもできるなら何をしたい?】

っていう質問。

その答えが自分の人生。

やりたいことをやらないで人生を生きたとは言えない。やりたいことをやらない理由が分からない。やりたいことはあるけどできないのはやる気がそこまでないのか、本当はやりたくないのか、そのふたつ。

やりたいことをやるのって、何に繋がるの?とかお金になるの?とか、とやかく言う人は心が貧しいの。すぐ反対意見に心折れちゃうから、それは本当に無視する。何か言われたとしても、それを聞いたとしても、それで不幸になったって嘆いたってその人はわたしを幸せにしてはくれないの。

自分を幸せにできるのは自分しかいない。

自分を幸せにしてくれる人を選ぶのも、自分を幸せにしてくれる環境を選ぶのも、全部全部全部自分の直感だけ。

人生は、一度。今日は一度。

やったことないことして毎日ワクワクしたい、行ったことないところに行ってドキドキしたい、会ったことない人に会ってトキメキたい。

あれこれ悩んでないでやったれーーーー!

1/30

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.