新規ICOをめぐる市場の現況

暗号通貨の取引市場への上場は、不特定多数に取引してもらうことで多様な潜在的購入者を対象とできるようになるため、どんなトークンにとっても非常に重要です。ですから、クラウドセールに成功したら、人気の取引所や地域限定の取引所で上場することが目標となります。

この目標達成のため、Monethaは大量の資源をつぎ込んできました。今でも、人気の取引所や地域の取引市場と、毎週いくつもの電話会議や大量のEメールによるやり取りを続けています。

これらの活動により達成した最近一番の成果は、世界ランキング第5位(CoinMarketCapにおける取引量を基準とする)の取引市場 、 HitBTCへの上場です。HitBTCでは現在、MTHトークンとBTC、ETHとの取引が行われています。

上場までの流れ

規制の厳重化の噂、特に中国とアメリカにおける規制強化の可能性が高まっていることにより、取引市場は新規トークンの上場に慎重になっています。KPMGの弁護士団に依頼して私たちのトークンが証券でないということを明確に文書化してもらっているものの、取引所によってはMonethaのトークンモデルを、時間をかけて自ら審査するところもあり、そのために以前より上場に時間がかかっています。審査情報は当社の法務部門が担当しており、法的事項、当社のビジネスモデルの説明、私たちチームの背景についての詳細な説明を行うことが義務付けられています。

Monethaを取り巻くコミュニティで、こうした進捗を詳しく知らせてほしいという要求があることは理解していますが、取引所によっては、上場契約の締結前にこれらのやり取りの進捗を開示すると、上場申請に不利に働く、と明言するものもあります。

Monethaは、取引所の運営や規制をコントロールするのではなく、取引所の要求に全て対応し、遵守することを徹底しています。つまり、私たちチームは自分たちの能力が及ぶ限り出来ることは全て行い、一日も早く取引所とパートナー関係を結べるよう尽力しています。

自分が登録している取引所で早くトークンを買いたい、という皆さんの要望は十分理解しています。ですが、そういう皆さんには、Monethaがより長大な展望を持つプロジェクトであること、そして歴史が示す通り、暗号通貨市場では、同じ長期的ビジョンを人々が共有する通貨が成功する、という点をご理解いただきたいと思います。

共に歩みましょう

フォロワーの皆さんには、Monethaにおける全ての進展をお伝えしており、私たちが100%最善を尽くしていることも皆さんご存知だと思います。現況における唯一の障害は、規制上の圧力により、各取引所での上場手続きに通常より時間がかかっている点です。Monethaが上場で全面的に成功を収めるため、皆さんにできることは、コミュニティの持つ強大なエネルギーを駆使してソーシャルメディア(Twitter、Bitcointalk、Facebook)などでMTHに強い関心を示し、さらには直接これらの取引所に連絡することで、取引所側に需要を知ってもらうことです。

何か疑問がある場合には、FAQを読んでいただくほか、ニュースレターをご購読ください。

それでは、また次回お会いしましょう。

Monetha

Like what you read? Give Monetha_JP a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.