Ethereumの価格変動にどう対処するか

この記事を書いている今現在、イーサリアムは238ドルで取引されています。過去3か月の価格を追跡してみると、値上がり時と同じ勢いで値下がりしているのがわかります。

Monethaチーム一同は、イーサリアムとイーサリアムを支える技術力に強い信頼を寄せています。噂が人々の心理に影響することもありますが、長期的には技術力が結果を出します。現時点では、イーサリアムは無視できないほど強大であるため、短期的な変動についてはあまり心配していません。

中国における、ICOや取引市場の「禁止」の可能性などの最近の噂により、全ての暗号通貨プラットフォームは皆何らかの「痛み」を強いられましたが、それは繁栄のために通らねばならない通過点です。イーサリアムのブロックチェーンはこれらのプラットフォームの単なる一つであり、Monethaチームは、今経験している障害も将来的な成功の糧となることを確信しています。

イーサリアムは導入から2年しか経っていない通貨です。ビットコインが満2歳だった時と比べると、イーサリアムの将来の展望性は非常に大きい。ビットコインと違い、イーサリアムの背景に複雑なテクノロジーが存在しているからだけではありません。全ての追加的機能(スマートコントラクト、dappsなど)が、イーサリアムの市場をビットコインよりも大幅に拡大しているのです。


CoinTelegraph誌は次のように書いています。「投資家の注目がイーサリアムに移行している背景には複数の理由がある。

まず、イーサリアムが近い将来、ビットコインに取って代わる予兆が見られる。Polychain CapitalのCEO、オラフ・カールソン・ウィー(Olaf Carlson Wee)は、2018年には早くもイーサリアムがビットコインに追いつき競争を繰り広げるだろうとインタビューで述べている。

ビットコインは既に3,000ドルという新たな高値が定着したが、イーサリアムもまた、1,000ドルに届くという話が出回っている。ビットコインの上昇をほとんどの投資家が見逃したように見受けれられる現在、暗号通貨の中でイーサリアムが最も大きな注目を集めている。

「自治性」は暗号通貨の原動力である。お金を、中央集権型の金融当局の支配下から個人の手に移すのが暗号通貨である。ブロックチェーンはP2P取引にのみ依存するテクノロジーであるため、アジアの多くの人びと(特に韓国)と中東の人びとが、分権主義のブロックチェーンの利点を活用している。」


イーサリアムの市場が非常に不安定であることを鑑みると、新たな高値が定着する日が遠からず来る可能性は十分あります。Monethaは、Devcon(2017年11月1-4日開催。イーサリアムファウンデーション主催の開発者会議)、Metropolis(イーサリアム・ブロックチェーンの次回アップグレード)に大きな信頼を寄せています。

念のため書いておくと、現在のイーサリアムの価格と似た価格が前回ついた時(2017年8月5日。41日前)は、値段は389.25ドルに戻りました(2017年9月1日。13日前)。さらにもっと前を振り返ると、イーサリアムの1年前の価格は11.98ドルでした。

これは、95,000ETHを保有する私たちにとって非常に重要な事実です。運営費、製品開発費、マーケティング、営業、法務その他の諸経費の詳細な計算を何度も行った結果、Monethaチームは清算して、2年分の運営経費を法定通貨で常時保有し、残りの資金をETHで保有することに決定しました。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.