紹介予定派遣で正社員に!

なれそうっていう話。

実はこれまでの数ヶ月間、派遣社員として働いていた。紹介予定派遣とは、一定期間を派遣社員として勤務し、派遣先企業と派遣社員が合意すれば正社員になるっていう制度。無事働きぶりを買われ、派遣先から正社員にならないかとオファーがあった。

しかし!紹介予定派遣の求人&内定書類には「直接雇用後の想定年俸」なるものが記載されてあるのだが、派遣会社経由でもらったオファーレターに提示されていた年俸がそれをかなり下回る金額で、愕然・・・。

ネットで調べると、紹介予定派遣で直接雇用に至らないケースは結構あるって記事がちらほらあって、まぁ・・・「条件が違いすぎる」っていうこともよくあることなのかな、と飲み込み、怒りをやり過ごすことにした。

しかし!!「あまりにも低い給料ではそもそも生活が維持できんやろ、常識的に考えて。わし実家暮らしちゃうで」って感じなので、その意見を派遣会社に伝え、給料はまぁまぁ、生活できなくはないけど贅沢もできない水準にはなった。内定時に提示されてた年俸より全然低いんだけどね、もう絶対に数年でもっとお金くれるとこに転職しよって強く決意した。

譲歩できたポイントは、割と福利厚生がしっかりしているところ。あとは企業型確定拠出年金とカフェテリアプランがあれば文句なし!

もういっそのことUターンして、実家から通える職場に勤めようかな~なんて思ったけれど、「○○市 事務 求人」で検索して出てくる求人が・・・こう、かなり大変そうで、Uターンは辞めた。毎月実家に3万くらい入れて、車、携帯電話、基本的にはお弁当作ったとしてもたまに外食して、・・・いや~これ厳しいな!これなら東京でOLやってたほうがまだなんとかなるな!って結論に毎度至る悲しみ。

無事に正社員にはなれそうなので、とりあえずはこれで良しとしよう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.