ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた

ワンフェス2016[夏]も行きましたが2017[冬]もまた行ってきました。
 https://blog.negativemind.com/2016/07/25/wonder-festival-2016-summer/
 
 ここ最近、少しずつリアルのイベントに足を運ぶようになりました。(体力・気力が回復してきた感)
 
 今回も夏と同様に、入場券代わりとなるガイドブックを事前に購入しておいた。

ワンダーフェスティバル

今回の目当てはコレ↓

酒井ゆうじ造形工房 30cmゴジラ2016 レジン組立キット

(映画『シン・ゴジラ』より)
全高約30.5cm、全長約47cm
 42,000円(税込45,360円)送料別

http://g-dream.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/30cm-153c.html
 
 
 
 映画「シン・ゴジラ」の劇中に登場するフルCGのゴジラ第4形態を再現した30cmサイズのキットです。
 エクスプラスから夏に「酒井ゆうじ造形コレクションゴジラ2016」としてソフビ完成品が発売予定らしく、その原型のレジンキット版だそうです。

劇中の直立姿勢の立ち姿が再現されている。手も上向き。

ゴジラつながりで、企業ブースでは夏に引き続きシン・ゴジラコーナーがあった。

今回の目玉は、何と言っても初公開となる第5形態の雛形(というか撮影用プロップ)

そして第2、第3、第4形態の雛形も展示されていた。第2形態の口閉じバージョンは初めて見る。

会場ではBlu-Rayの映像特典のVFXメイキング映像が流れていた。現在YouTubeで公開されているものに加えて、あのシーンとかあのシーン等大幅に増えていた。発売が楽しみ。
 
 午前中で目当てのブースは大方廻って、午後からは一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GAN主催のデジタル原型ステージというのを見てた。ネットでライブ配信されてたんですね。

そのステージで、現在月刊ホビージャパンでやってるIntuos 3DとZBrushCoreを使った企画の話を聞けた。

あんまりよく知らなかったんだけど、今回登壇された3D原型師見習いの美環(みかん)さんはモデルとしても活動していて、「3D原型師見習い」と言いつつも3Dモデリング初心者というわけでは全然なくて、大学で3DCGを学び、以前はゲーム系の3Dモデリングの仕事もしていたという。3dsMaxやMaya、Rhinocerosも使えるそうですよ。すごい16歳だな~(棒)

何かこういうのって、専門的な教育を受けたけど現在はそのスキルを使う仕事をしていない「スキルの死蔵」を掘り起こしている感じがしてとても良い。テクノロジーが裾野を広げ、今まで死蔵状態だった人材が表に出てくる感じ。


Originally published at NegativeMindException.