Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する

この前、Autodesk Mementoで複数枚の写真から3D復元を試してみたけど、あんまり上手くいかなかった。
 https://blog.negativemind.com/2015/03/07/autodesk-memento/
 
 追記:ベータ版だったAutodesk Mementoから現在は名称が変わり、Autodesk Remakeになりました。機能限定版なら引き続き無料で利用できます。

Mementoスクリーンショット

この結果を見ると、3D復元したい被写体以外に、背景の画像特徴量も拾ってしまって復元がかかっている様子。Shape from Motionの仕組みを考えると、画像間の対応関係を求めるために局所特徴量を手掛かりにするはずなので、おそらくAutodesk Mementoも何かしらの局所特徴量を用いて処理しているはずである。
 ということは、同じ撮影素材でも、被写体以外の余計な局所特徴量を取り除いてから復元処理をかければ、もう少し3D復元が上手くいくのではないかと思い始めた。
 
 てっとり早く、前回と同じ多視点画像素材17枚をAfterEffectsでキーイングして、被写体以外の背景部分を完全に単色に塗りつぶしてフラットにして、局所特徴量を取りづらい状態にして見た。Autodesk Mementoへの入力画像はJPEG形式にしか対応していないようなので、少し劣化しちゃうけどJPEGで作った。(最初はアルファチャンネル付きPNGで試そうとしたんだけど。)

gmk_00000
gmk_00001
gmk_00003
gmk_00004
gmk_00005
gmk_00006
gmk_00007
gmk_00008
gmk_00009
gmk_00010
gmk_00011
gmk_00012
gmk_00013
gmk_00016
gmk_00015
gmk_00014

キーイング後も影は微妙に残っておりますが…

復元結果

ということで、再挑戦した復元結果です。
 前よりはだいぶまともになったけど、まだ完全に造形をトレースできてないですね。↓

GMK_Textured
GMK_Shaded

※背景部分もポリゴンが生成されたけど、手作業で除去しました。
 
 被写体のゴジラにフィギュア自体は、光沢の無い、比較的理想の3D復元素材だと思うけど、今回使った画像素材はもともとiPhoneで適当に撮ったものだから、撮り方が悪かったのかも。ちゃんとカメラを固定して、ターンテーブルを使って等間隔の角度で撮った方が良さげ。怪獣という被写体は表面のディティールが多くて画像認識的には便利だと思いますよ。
 Mementoというツールの使い方としては、こういう、ある程度汚い3D復元結果でも、これをユーザーが編集してキレイに整形すればコンテンツとして利用できる3Dモデルなるよ、ってことなんだろうな。現状、画像からの3D復元はそんなに万能な技術じゃないみたい。
 キレイに整形したらZBrushへインポートしてみようかな。


Originally published at NegativeMindException.