OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。
 https://blog.negativemind.com/2014/07/09/opencv%E3%81%AE%E8%B6%85%E8%A7%A3%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%8Esuper-resolution%E3%80%8F/
 
 OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓
 
 opencv/samples/gpu/super_resolution.cpp
 
 Visual Studio 2015環境だとCUDAが使えないけど。Doxygenによるドキュメントはこちら
 
 
 
 とりあえず、以前撮ったプラモデルの動画を使って試してみた。
 https://blog.negativemind.com/portfolio/bandai-vehicle-model-001-star-wars-star-destroyer/
 
 こちらが元の4K解像度(3840x2160)の動画↓
 
 https://www.youtube.com/watch?v=jtcTRP4Vj_g
 
 こちらがOpenCVのSuperResolutionで8K解像度(7666x4306)になった動画↓
 
 https://www.youtube.com/watch?v=-DKyash4k8k
 
 部分拡大した比較動画も作ってみた↓
 
 https://www.youtube.com/watch?v=XhAcBg9xI1M
 
 うーん、効果がわかりづらい動画を選んでしまったかもな。CPUオンリーでやったら処理時間2日ぐらいかかったんだけど。。。


Originally published at NegativeMindException.