SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』

SONYが自社で開発したニューラルネットワークライブラリのオープンソース化を発表した。
 https://blog.nnabla.org/76/

Neural Network Libraries

特長

必要最小限の労力
 Pythonを用いて、より少ないコード量で直観的に計算グラフ(ニューラルネットワーク)を定義することができます。
 
 動的計算グラフのサポート
 実行時に柔軟にニューラルネットワークを構築することができます。ニューラルネットワークの構築方法としては、静的計算グラフと動的計算グラフの両方が利用可能です。
 
 どこでも実行
 移植性を考慮した設計を採用しており、LinuxとWindowsの両方で動作します。
 
 デバイスを選ばない
 コードのほとんどがC++11で実装されているため、組み込み機器にもほぼそのままの形で導入することができます。
 
 機能の追加が簡単
 適度に抽象化された関数とコードテンプレート生成機能を備えており、開発者はわずかなコードの追加で新しい機能を追加することができます。
 
 マルチターゲット
 新しいデバイスのためのコードは、既存のコードを変更することなくプラグインとして追加できます。CUDAも1つのプラグインとして実装されています。

公式サイトのドメインやドキュメントにはNNablaって書いてあるけど、これがライブラリの名前なのかな?
 
 
 
 ソースコードはGitHubで公開されているけど、インストールはpipで簡単にできるみたい。
 https://github.com/sony/nnabla
 
 というか、SONYのGitHubアカウントがあることを知らなかった。
 ドキュメントはこちら↓
 http://nnabla.readthedocs.io/en/latest/
 
 http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1067368.html


Originally published at NegativeMindException.